恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 30代からの恋活 > 焦りは禁物

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

焦りは禁物

写真

恋活に焦りは禁物です。まして30歳を超えたのならなおさら焦ってはいけません。
焦って恋をしようとしても、なかなか出来るものでもありませんし、良い恋ができるとも思えません。
ひとつの出会いに固執していると、素敵な恋も見逃してしまうかもしれませんよね。
恋をしなければと焦ってもひとつも良いことなんてないということは誰もが分かっていることです。
それでも30歳を過ぎて好きな人さえいなければ焦ってしまう心境も理解できます。
ですから30歳を過ぎてからの恋活は、焦るのではなく「急ぐ」ことが重要なのです。
結婚したいと考えているのであれば、
恋をすることに貪欲になって攻めていくといいかもしれませんね。

女性も男性も結婚年齢が30歳前後が多いというアンケート結果から考えても、
20代半ばから付き合ってきた恋人と結婚するというケースが最も多いようです。
20代半ばには結婚相手とめぐり合っている人が多いということですよね。
そう考えると、女性も男性も30歳を超えると結婚に対して
多少の焦りが出てくるものなのかもしれません。
友達の結婚式招待状が届いたり、出産の報告を受けたりと
自分の友達の生活環境が変わっていくのを目の当たりにすると余計に焦りを感じてしまうものです。

ですが、そこで本当に焦ってしまってはいけません。
焦らずに急ぐためにはどうすればいいのか分からないという人も多いかもしれません。
実際にどういう行動をとれば焦らずに過ごせるのかを考えてみましょう。

まず、自分が今どういう状況なのかを自覚してください。
もし「ずっと片思いをしている」「ずっと忘れられない人がいる」という状況なら、
それが無駄な時間かどうかを考えなければいけません。

出会いがないという状況であれば、自分からどんどん行動を起こしていかなければいけません。
合コンでも紹介でも、コミュニティでもサークルでも、
とにかく自分が楽しめる場所へ出掛けたり楽しめることにチャレンジしたりして
新しい環境を作ってみてください。
周りの人間と自分とを比べると焦りを感じてしまいますので、
とにかく楽しみながらチャレンジしてみてくださいね。

2014.08.02