恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 30代からの恋活 > 相手を喜ばせるために

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

相手を喜ばせるために

写真

30歳を過ぎてくると、恋愛に対しても様々なこだわりや慣れが出て来てしまうというのも事実です。
そろそろ結婚のことも考えていかなければいけないからと、
妥協で恋人選びをしてしまったりしていませんか。
相手の条件を最重視して一番大事な相性や考え方の一致などを見ないふりしていませんか。

もしそういう傾向にあったのであれば、一度考え直してみる方が良さそうです。
妥協して結婚してしまうと、結婚生活の中で夫婦で乗り越えなければいけない壁にぶち当たったとき、
二人で乗り越えることができません。
妥協しているので、「やっぱりこんなもんか」とあっさり諦めてしまったり、
投げ出してしまったりするケースが多いようです。

その点、大恋愛の末の結婚や一目惚れをして惚れこんだ相手であった場合、
「愛」が後押しをしてくれます。
例えば「こんなはずではなかった」と思うような出来事があった場合、
一度は気持ちも落ち込んでしまって当然なのですがそこからの立ち直りはなかなか早いものです。
幻滅してしまっても「好きになった人なのだから」と解決策を一生懸命考えて、
今の状況を打破しようと策を練る努力をする原動力が生じます。

そういう相手との出会いはとても大切に育まなければいけません。
この先そう何度も運命の人との出会いがあるわけではありませんので、
ひとつひとつの出会いを大切にしていく必要があります。
そのためにも、「相手を喜ばせる」という意識はとても大切です。
相手からの想いを受けることばかりを考えるのではなく、
自分が相手に与えるという努力を惜しんではいけません。

どんなことをすれば喜んでくれるのか、どんな言葉をかけると幸せを感じてくれるのか、
どういう行動をすれば楽しいと感じてくれるのか、
相手のことを考えて行動を起こすということを実践するだけで、
相手の自分への感情にも変化が現れてくるはずです。
その気持ちが相手に通じれば、相手もまた自分に対して同じ事を考えてくれるものです。
それがギブアンドテイクの関係ですよね。与えられることばかりを考えるのではなく、
相手に与える努力をしてくださいね。

2014.08.14