恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 遠距離恋愛のコツ > 遠距離恋愛を乗り切る方法

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

遠距離恋愛を乗り切る方法

遠距離恋愛をしていると、近くにいないという不安から
電話やメールを頻繁にしなければ不安になるという人もいるようです。
パソコンや携帯電話を活用すれば、Webカメラでテレビ電話をすることもできるので、
会えない寂しさは少し和らぐという利点もあります。
ですが、コミュニケーションのとり過ぎにも注意が必要です。
毎日毎日会って話をするという恋人同士もいるようですが、
近くにいてもそれ程頻繁に会って話をするという恋人同士は少ないかもしれません。

エアメール

遠距離恋愛では、そのコミュニケーションが日常化していくと
「絶対に話さなければいけない」
「電話に出られなかったら心配をかけてしまう」
「決まった時間に連絡がとれなかったら疑われてしまう」
といったように、義務化してくるとストレスになってしまうこともあります。
楽しかったはずのコミュニケーションが苦痛になってしまうと、
好きという気持ちも冷めてしまうかもしれません。

そういったような心に隙があるときに限って良い出会いがあったりするものなので、
他の誰かに心が揺らいでしまうということになるかもしれません。
それはそれで縁だったのかもしれませんが、今の恋人との出会いを大切にしたいと思うのであれば、
義務化するようなコミュニケーションのとり方は避けた方が無難です。
全く連絡をしない日というのがあっても相手を信頼できるような関係を築いていくべきです。

とはいえ遠く離れている分、コミュニケーションをとることは必要なことです。
相手の様子や現状を知るためにも、自分の現状を知ってもらうためにも、
今の気持ちを知ってもらうためにも必要なことですので、
コミュニケーションをとらないということではありません。

Webカメラを使って顔を見ながら話すときもあれば、
短文のメールで「大好き」ということを伝えてみたり、
たまには手紙を書いてみたりと変化をつけてみるといいかもしれません。
そうすることで義務化することもなく、
相手に苦痛を与えずに上手に気持ちを伝えることができるかもしれませんね。

2014.08.28