恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 男女比較 > 男と女の恋のはじまり

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

男と女の恋のはじまり

恋愛について男女を比較してみるというのも面白いものです。
例えば、出会いに対する憧れひとつをとってみてもさまざまな違いが見えてきます。
男性はよく、目と頭で恋をすると言われます。
目で見てドキドキしながら、頭で考えてわくわくしながら恋をするのです。
女性のファッションや化粧を気にし、そこから自分の想像をめぐらせ、
できるかぎりその想像と現実の恋愛とが同じになるようにしようとするのです。

背中越しの男女

女性のファッションは男性のファッションよりもバラエティに富んでいますから、
それを見る男性が自分の嗜好をより明確に、狭小にしていったとしてもおかしくありません。
お姫様のようなファッションを好む男性は、
街で見かけたお姫様ファッションの女性に無条件で反応します。
その女性の性格も、ファッションからある程度推定できると考え、
そこから出会いのきっかけをつかもうとするのです。

本を読んでいるような女性が好き、眼鏡をかけた知的そうな女性が好き、
ほんのりと日焼けしたジャージの似合う女性が好き……、
男性の恋のはじまりというのは、こういった前提に基づいていることが多く、
恋が成功するか否かは、その後の想像がどれだけ現実的であるかどうか、
あるいは、いずれその想像を捨てることができるかどうかにかかっているのかもしれません。

また、外見も女性を選ぶための大きな条件になりますので、
好みの女性との出会いを求めることも比較的容易になるのではないでしょうか。
人というものは思った以上に外見から推察できる場所に集まるものだからです。

一方で、女性は心と体で恋をすると言われます。
相手の男性がどんな見かけであろうと、心が反応すれば、そこから深い恋へと落ちていくのです。
ですから、女性が街を歩いていてドキッとしたとき、
それは相手のファッションなどに対してではなく、
その男性が放つオーラに対してのものであることがほとんどなのです。
化粧や髪型が少ない分、男性の顔にはより大きな個性が求められます。

そしてその個性が、女性の感性にひっかかるかどうかで恋がはじまると考えてもいいでしょう。
これを音楽に例えれば、男性は音楽をジャンルで選び、
女性は心に迫る歌詞で選ぶ、といってもいいかもしれません。
ですから、女性の出会いというのは、往々にして数が少なく、また偶発的であることが多いようです。
もし、いま出会いに恵まれずに寂しい思いをしている女性がいらっしゃるならば、
その人はやはり、いろいろな機会を見つけて外に出てみることをお勧めします。
男性と違って女性の恋のはじまりというのは複雑にできていますから、
それだけ多くの環境に触れてみないことには、
自分の求める恋というものにめぐり合えないものなのです。

男性は目と頭、女性は心と体、
恋のはじまりだけに注目すれば男性のほうが簡単に出会いを得られるようにも見えますが、
そのかわり実際に恋をしたときにあくせくするのは男性のほうです。
女性が素直に人を好きになるのとは違い、男性は考えに考え、
理屈っぽくなってしまうこともあるからです。

2014.09.05