恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 男女比較 > 男女のお部屋を比較

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

男女のお部屋を比較

大学進学などで一人暮らしを経験するという方も多いことでしょう。
実家を離れてはじめて自炊するというのは戸惑いもありますが、
慣れてくればこれほど居心地のいいものはありません。
なんといっても自分ひとりの空間なのですから、
余計な気遣いも必要なく、思いのままに過ごすことができます。

一人暮らしの部屋

そこで気になってくるのは、そんな自分ひとりの空間をどう演出するか、ということです。
学生生活で一人暮らしともなると、クラスメートたちが遊びにくることもありますし、
もしかしたら、恋人だってくるかもしれません。
初めて部屋に踏み入れる一歩で、あなたの評価も変わってくることもありますから、
自分の部屋というものにはいくらかこだわりを持ちたいものです。

ではここで、男と女のはじめての一人暮らしチェックと参ります。

まずは大学入学したてのA君のお部屋をのぞいて見ましょう。
狭いキッチンを通ってその先に広がる六畳一間の空間、テーブルがぽつんとあり、
ベッドがあり、窓の外にはとっくに乾いている洗濯物が揺れています。
タンスにテレビに冷蔵庫、洗濯機と、生活に必要なものは一通りそろっていますが、
どれもメーカーはばらばらで、
おそらく彼のお母さんがリサイクルめぐりをして揃えてくれたものかもしれません。
壁には律儀に日程表、部屋の隅にはダンボール箱が置かれていて、
たぶん着替えが入っているのでしょう。

概して男の一人暮らし部屋というのは、シンプルですが統一性のないものであることが多く、
そこには未熟な自意識が見え隠れしています。
新しい環境での多くの出会いに戸惑い、興奮し、部屋を飾ろうという余裕が生まれないのです。
彼にとっては友達を作ることが第一で、部屋というのも、
友情を深めるための便利な空間でしかありません。
変化が生じてくるのは恋をしてからで、
出会い以前にはたいした準備もしないというのん気さは、男の大きな特徴でもあります。

一方で、C子さんの部屋をのぞいてみましょう。
引っ越しして間もないのに、すでに一人暮らしを思い描いていたかのようなレイアウトです。
家具にも統一性があり、ダンボールなどは淡いピンク色の布できれいに隠してあります。
そして、鏡とその前に置かれた親友とのツーショット写真、
女性の部屋には必ずといっていいほどあるものです。
壁にも掲示板が掛かり、昔のクラスメートとの写真が貼ってあります。
気になる点といえば、服を入れる場所が足りなくて、ベッドの上に散乱している程度でしょうか。

女性の部屋というのは、化粧やファッションと同じで、こだわるべきもののようです。
いつ友達が遊びにきても恥かしくないように整えておくことは重要です。
彼女たちが散らかった部屋に人を入れたくないのは、ノーメークを見られたくないのと同じ原理で、
中であっても、それは外見と同じ扱いになってしまうからです。

備えあれば憂い無し、といいますが、女性にはとても相応しい言葉で、
出会い以前の備えというのは、その女性が恋を実らせられるかどうかにも大きくかかわってきます。

新しい環境での一人暮らしには、星の数ほど出会いのチャンスがあります。
自分の部屋を飾るということに敏感な女性と、どちらかといえば鈍感な男とを比較してみましたが、
恋がはじまるとこのふたつの部屋の要素がうまい具合に融合していくのですから、面白いものです。

2014.09.09