恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 男女比較 > 結婚というドアを前にして

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

結婚というドアを前にして

恋愛というものに対する男女の認識の違いがわかるものとして、
結婚というものほどわかりやすいものはないでしょう。
出会いから長い期間をかけてお互いの感情をはぐくんできた恋人同士であっても、
いざ結婚という言葉を前にすると、とたんに意見がくい違ったり、
真剣な話し合いが必要になったりもするものです。

結婚の誓いをする男女

結婚はなんといっても人生最大のイベントのひとつであり、
完全な自立生活の幕開けでもありますから、期待と同時に不安を感じてしまうのも当然です。
結婚というものに対するお互いの考え方を理解し合い、
うまく折り合いをつけて乗り越えていく作業が必要になってくるのです。
ではここで、結婚というものに対する男女の意識の違いを比較し、
有効と思える対策を考えてみることにしましょう。

男性はどちらかといえば、結婚というものをひとつの区切りと考える傾向があるようです。
それまでの恋愛はそこで一度ストップし、
恋愛とは別の家庭生活の構築というものに意識が切り替わるのです。
それは、そのように意識が切り替わって悪戦苦闘している友人をたくさん目撃しているため、
あるいはそのような話を先輩たちから聞かされてきたためで、
結婚によって生じる感情の変化について、
それが時期尚早であると判断すれば結婚に躊躇し、妥当であると判断すれば晴れて結婚となるのです。

一方で女性はというと、結婚も恋愛の延長であり、ひとつの区切りではなく、
通過点ととらえる傾向があります。
恋心はいつまでも保っていられると感じるのです。
そのため、女性のほうがどちらかといえば結婚に対して積極的で、
長く付き合ってきた男性を急かすことも多々あります。

男性は結婚後の生活を思い描くことにかけては楽観的ですが、
一方でお互いの感情がどうなってしまうかをひどく心配し、
逆に女性は、感情に関してはたいした心配も見せず、自信満々であったりもするのですが、
具体的な結婚後の生活となると、かなり細かく考えていることが多いのです。

要は、実際的なことに関しては女性が思い悩み、
感情のような抽象的なことに関しては男性が多く悩むということになるようです。

ですから、結婚を前提とした恋人との出会いを求めようとするとき、
男性はより具体的な生活設計を作って提示し、
一方で女性はいつまでも変わらない感情を約束することができれば、
意外とすんなりと結婚できるかもしれません。
男女それぞれの結婚観の違いを理解し、相手の心配を先取りして解決する、というのは、
結婚を急ぎたい年頃の方々にとっては急務となるでしょう。
出会いは歳をとるとともに減っていき、また単調にもなります。
単調になるということは、それだけ結婚というドアが間近にあるということでもあります。
出会いから結婚までの時間が短ければ短いぶん、互いを理解しあう時間も少なくなるわけですから、
ある程度、一般的な傾向に照らし合わせて対策をとっておくというのも、
結婚をすんなりと成功させるためのひとつの方法になるわけです。

2014.09.10