恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 失恋の上手な癒し方 > 没頭できる時間は重要

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

没頭できる時間は重要

失恋を癒す方法としてこれもオーソドックスな方法なのですが「何かに没頭する」という方法です。
何かに集中して没頭している時間というのは、失恋のことなんてすっかり忘れてしまうものです。
もちろん、きれいさっぱり忘れるということは不可能なのですが、
没頭している間だけでも考えなくてすみます。

本とドリンク

実はこの時間がとても大切なのです。
何かに没頭して集中しているとストレスが緩和されるので、
心の負担も少しずつ軽くなっていくはずです。
何も考えない時間というものが必要なので、自分の趣味にこれまで以上に取り組む
という方法でもいいですし、趣味がなくても全く問題はありません。
映画を見にいって映画の世界に入り込むという方法でも効果的です。
そんなに時間がとれないという人は、
ほんの10分間でもいいので本を読んでみるという方法もオススメです。

本を読んで本の世界に浸ることで同じ効果が得られます。
趣味がないから没頭できないと思っている人もいるかもしれませんが、
趣味がない人は実は案外いるものです。
もちろん独りで出来ることでなくてもかまいません。
友達とカラオケに行って盛り上がることで没頭できますし、
飲み会に参加してドンちゃん騒ぎをするというのも没頭できそうですよね。
とにかく、失恋のことを考えずにほかの何かに集中できる時間を作るということが大切なのです。

もちろん、そうしたからといって失恋した事実を忘れるわけではありませんし、
傷がすぐに癒されるわけではありません。
没頭した後にはまた恋人のことを思い出し、涙する人もいるかもしれません。
ですが、そこで落ち込んでしまってもいいのです。
ほんの少しの間でも「忘れることが出来ていた」という自分を褒めてあげてください。
無理に次の出会いを探す必要は全くありません。

まずはそうやってゆっくり時間をかけて現状と向き合うということが必要です。
うまくストレス解消をしながら心の負担を軽くして、
失恋のことを考えない時間というのを増やしてみるといいですね。
そのうちほとんど考えなくなってきますので、そうなると次の出会いに集中できますよ。

2014.09.17