恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> モテる5つのポイント > 聞き手に徹する

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

聞き手に徹する

どんなことでも、自分を否定せずに話を聞いてくれる人には、好感を持ちやすいことでしょう。
聞き上手な人は、モテるということも聞いたことがあるかもしれません。
仕事や人間関係の不満を話しているため、
聞いているほうはどうしても暗い・嫌な気分になりがちです。

写真

しかし、話している本人はこの不満を誰かと共有することで
自分だけでつらい思いをしなくて済むと潜在的に思い、
たとえ解決方法や的確なアドバイスがもらえなかったとしても
満足感を得られることができるでしょう。
聞き手になったときに困ることが多いのが、どう答えていいのかということです。
先にも述べたように、正確な答えを出す必要は必ずしもなく、
共感するというだけでも、聞き手としての役目を果たしています。

悩みを相談するという行動は、誰に対してもできるものではありません。
仮に自分が悩みを抱えているとして、出会いからまだそう経っていない人や
遠く離れた親戚、気難しい上司や言葉がきつかったり苦手としている人に
悩みを打ち明けようと思いますか。
悩んでいる内容の専門分野だから相談するなどの特例を除き、
自分が信頼していない人には、なかなか悩みを打ち明かせないものです。

ですから、聞き手役がどうしても苦痛だと考えて避けずに、
話してくれるということは相手は自分を身近に感じて信用していてくれているのだと
ポジティブに考えるようにしましょう。
苦手なものへの取り組み意識が変わるだけで、
思いつかなかった答えができたり相手を良い方向へと導いてあげることができます。
この人のためにもっと役に立ちたい、と感じたら、
心理学などに興味が出てきて新しい勉学への道が開けるかもしれません。
人との会話は自分を成長させてくれる糧となる可能性もあるのです。

新しい出会いを求めて合コンに行ったりすることもあるでしょうし、
共通の友人がいるなどとして遊びに行く場合もあることでしょう。
そういったところでは、いかに自分をアピールして印象を残すか
ということに重点を置いている人もいるかもしれません。
もちろん、そういった意識も大切ですが、人の話を聞いて適度な相槌を入れることで、
会ってから短時間でも信頼関係を築くことができ、その後の関係も発展していくかもしれません。

2014.10.01