恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> チャンスを逃さないために > 初対面のマナー

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

初対面のマナー

初対面の人とうまくコミュニケーションがとれる人というのは、
出会いのチャンスも多く訪れるものです。
反対に、初対面の人とのコミュニケーションが苦手だという人は
なかなか出会いのチャンスを掴むことができません。
人と人とが仲良くなるためには、やはりコミュニケーションというものは必須で、
それが苦手な人は少々損をしているかもしれません。

お箸

初対面の人とのコミュニケーションが得意になりたいけど、
どうすればいいのか分からないという人も多いようです。
ですがここは難しく考える必要はまったくありません。
もちろん相手を楽しませたりして印象を強く残すことができるのであればそうするべきなのですが、
必ずしもそうしなければいけないということはありませんので、
もっと気楽に接してみるといいかもしれません。

ただ、ひとつだけ気をつけたいことが「マナーは守る」ということです。
初対面の人に対しての接し方について、絶対的なルールがあるわけではありませんが、
人として常識的な態度でいるということは人間性を表す最低限のことですよね。
そういった最低限のことが出来ない人は、恋愛対象外になってしまっても仕方がありません。

例えば食事のマナーでいえば、「食べ方が汚い」「お箸の持ち方や行儀が悪い」
「平気で食べ残しをする」「口に食べ物が入っているのに大きな口を開けて話したり笑ったりする」
などといったような食事のマナーが悪い人は印象がとても悪くなってしまいますよね。

話し方にも注意が必要で、相手に嫌悪感を与えるような話し方をするのはよくありません。
いくら早く仲良くなりたいからといっても、
初対面なのにいきなり馴れ馴れしく話すのは避けた方が無難です。
相手が引いてしまう可能性の方が高くなってしまいます。
最初は丁寧な言葉で話す方が印象はよくなるようです。
そういったような、人としての当たり前のことが出来ない人はチャンスを逃してしまいますので、
少し意識して関わるようにしてみるといいかもしれませんね。

2014.12.02