恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 仮面夫婦 > 家庭内の業務連絡

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

家庭内の業務連絡

一般的には、どんな夫婦でも年月と共に会話が減ってしまったり、
ケンカが多くなってしまったりするものです。
ですが、その夫婦の変化をどう捉えて対応していくのかで
その後の夫婦のあり方が変わってくるようです。
長年連れ添った相手なのにいつまでも仲の良い夫婦もいれば、
ほとんど会話がなくなってしまい家庭内の業務連絡のみの関わりだけという夫婦もいます。

仲良く話す夫婦

どんな夫婦のあり方が正解なのかは答えはありませんよね。
本人同士が幸せを感じているのであれば正解なのですから、
こうしなければいけないという決まりはありません。
気持ちが変わってしまうのも仕方がないことで、
出会い始めの頃のようなときめきは期待できなくなってしまいます。
ですがそれで当たり前であって決して愛情がなくなっているわけではなく、
家族としての絆に変わっているだけです。

「ときめきはなくても大切な存在」であれば何も問題はありません。
ですが、仮面夫婦というのは少し違います。
相手のことを「大切な存在だ」と思えなくなっている状態です。
世間体や生活のためだけに一緒にいる同居人という感じでしょうか。
そこに愛はないけれど、離婚することができないから一緒にいるという消去法での選択です。
一般的な夫婦は相手の存在が必要だから一緒にいるのですが、
仮面夫婦は他の人に「夫婦」として見せるために必要なだけなので、
精神的にはきついものがあるかもしれませんね。

家庭内の業務連絡のみの会話しかしないような仮面夫婦にならないためには、
つまずき始めた頃が肝心です。
出会い始めの頃のようなときめきを取り戻す必要はありません。
会話が減ったなと感じたら会話をする機会を作るように努力したり、
ケンカが増えたなと感じたらお互いが歩み寄れる方法を探す努力が必要です。
お互いの存在が大切だと思える夫婦でいるためには、相手に感謝する気持ちもとても大切です。
相手に感謝し、尊敬の気持ちを持つことで、
相手もまた自分に対して感謝の気持ちを持ってくれるはずです。
冷め切ってしまう前に行動してみましょう。

2014.12.12