恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬対策 > 過去の恋愛への嫉妬

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

過去の恋愛への嫉妬

男性でも女性でも、恋人の過去の恋愛というのは気になるものです。
自分との出会いがあるまではどんな人を好きになり、どんな恋愛をしていたのか、
どんな別れ方をしたのかなど知りたいという気持ちになるのは当然のことです。
それを知ったところでどうなるわけでもないということは分かっていても、
気になってしまうのは相手のことが好きだから
「知りたい」という気持ちが働くからなのかもしれません。

写真

悪いことではありませんが、度が過ぎてしまうとケンカの原因になることもあります。
いろいろ根掘り葉掘り聞かれるのも嫌な気分になりますし、
なにより現在が幸せなら過去の恋愛なんて知る必要がないのではないかと思ってしまいますよね。
ですが恋人が過去の恋愛に対して嫉妬しているというケースは多いのが実情です。

そんな過去の恋愛に対する恋人の嫉妬心をやわらげるためにはどうすればよいのでしょうか。
自分以外の異性に対する嫉妬心というものは相手の事が好きだからこそ芽生えてくるものなので、
全否定する気にはならないという人は多いです。
確かに自分のことを好きだという気持ちが強いということは嬉しい気持ちになりますよね。
ですが、その状態をそのままにしておくのは良くありません。

嫉妬心がだんだん強くなってくると、
過去の恋愛だけでなく現在のことまで束縛しようとするケースが増えてきます。
不安な気持ちが強くなり、他に良い出会いがあったら振られてしまうかもしれないと思ったり、
異性の友人に対してもヤキモチを妬いて「話さないで」と言われたりと、
どんどんひどくなっていく可能性があります。

そうならないためにも、恋人の「不安の要素」を解消してあげるということが重要です。
過去の恋愛を思い出させるような元恋人との思い出のものや写真などは処分したり、
「前は○○だった」といったような比較する言葉も避けた方がいいでしょう。
何より、「今が一番幸せだ」ということを強調して愛を言葉にしていくことが、
恋人の不安を解消できるのではないでしょうか。

2015.01.02