恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬対策 > 束縛も愛の形

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

束縛も愛の形

嫉妬心から束縛がきつくなってしまうという人も多いようで、
その束縛がエスカレートすると恋人は息苦しくなってしまうものなのですが、
多少の束縛は愛を感じるという人も少なくはありません。
束縛されることが嫌だと感じる人もいれば、多少の束縛は愛の形だと感じる人もいるのですから、
人の感じ方というものは人それぞれだということがよく分かりますよね。
ですがここで気をつけなければいけないことは、「多少の束縛」という点です。

彼女を後ろから抱きしめる

何事にも限度があるように、束縛というものはやり過ぎると別れにつながる可能性があります。
相手が息苦しくなるような束縛ではいけませんよね。
あくまでも心地いい束縛でなければ意味がありません。
どこまでが心地いい束縛になるのかは相手次第です。
相手の感じ方がどうなのかということをしっかり観察しておかなければならないでしょう。

多少の束縛というのは限度が難しいかもしれませんが、
相手が「あれ?妬いてる?」と感じるくらいが丁度いいのかもしれません。
本当は他の異性との出会いをとても気にしていたりしても、
その気持ちを全部出すのではなく「たまに見せる」ということが重要ですね。
ヤキモチなんて妬かないと思っていたのに妬いている姿を見ると、
「愛されている」と感じるのかもしれません。
普段とのギャップも大きく関係しているようで、
普段は妬いている素振りなんて全く見せない恋人が飲み会に行くとなると
「異性は一緒なのかどうか」ということを聞いてきたりして、
異性と一緒に飲み会をすることを心配して妬いているということに察しがつきます。
普段は束縛しない恋人が、飲み会のときだけ「何時頃に帰るの?」と
帰る時間を気にしていたりすると少し嬉しくなるようです。

たとえ飲み会でいいなと思う人との出会いがあったとしても、
そんな恋人のことを思い出して感情は冷静に戻されますよね。
普段はまったく束縛しないという人は、こういったように少し束縛したいという
意思を見せることで、愛を伝えるよい方法になるかもしれませんね。

2015.01.06