恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬対策 > 不必要なメールには

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

不必要なメールには

嫉妬深い恋人だと、一緒にいない時間をどう過ごしているのか気になって
メールを頻繁に送ってきたりすることはありませんか。
例えば友人と食事や飲み会に出掛けていたとすると、
「今どこにいる?」「何時頃に帰る?」「誰と一緒?」といったように、
恋人が自分の目で確認できないことをメールで確認してくるという内容が多いようです。
一緒にいないという不安から、誰か他の人と仲良くしていたら嫌だなとか、
新しい出会いがあるのではないかという心配で心がいっぱいになってしまうのでしょう。
ひどい場合は、飲み会などで出掛けていなくても恋人と一緒にいなければ
「今なにしてる?」「どこにいる?」と行動を報告させるようなメールを送ってくることもあり、
これでは息が詰まるかもしれません。

うっとおしそうな男性

最初は特に気にならずに返信していたとしても、
これがずっと続くとだんだんウンザリしてくるものです。
とても好きだけどこの束縛が我慢できないと別れを選択することも多々あるようですが、
たくさんいる男女の中から二人が出会い恋をしたのですから、
こんなことで破局してしまうのはとても残念です。
そうならないために努力をしてから、それでもダメなら別れを選択するという方が良さそうです。
もしかすると何度も話し合うと、行動を改めてくれるかもしれませんし、
その束縛以外は好きな部分が多いのであれば、まずは何とかしようと努力してみてください。

嫉妬深くて心配性の恋人の束縛を止めさせるというのはなかなか難しいことかもしれませんが、
「心配性だから仕方がない」と最初から諦めていてはいけません。
その束縛を自分がどう感じているのかということを、相手にハッキリと伝えることが重要です。
「友人と一緒にいるときに、メールばかりしていると友人にも悪いからやめてほしい」
「二人でいる時間が一番大切だけど、独りの時間も必要」
という自分の気持ちをハッキリ伝えなければ、
相手の束縛はエスカレートしてしまう可能性があります。
急に頻繁にメールを送ることをやめるのはできないかもしれませんが、
それを何度も伝えて理解してもらうことでだんだん少なくなってくるでしょう。

2015.01.07