恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬対策 > 嫉妬させようとする心理

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

嫉妬させようとする心理

お互いが束縛を嫌い、嫉妬心が強くないタイプであれば
二人の関係は穏やかに育まれていくのですが、
どちらかが嫉妬心が強いタイプだと束縛されることに相手はだんだん疲れてきてしまいます。
中には、嫉妬してくれない恋人に痺れを切らして「嫉妬させよう」としてくる人もいるようです。
ですがその心理というものは、恋人から愛されているのか確認したいという意思の現れですので、
ある程度は「かわいい言動」だと寛容に受け止めてあげるといいかもしれません。
そこで突き放してしまうと、恋人はますます不安になってしまいます。

キスマーク

明らかに嫉妬させようとしているということが分かったら、
怒りたくなることもあるかもしれません。
自分はこんなに好きなのに、なぜわざわざ嫉妬させて愛を確かめようとしているのかと
腹が立ってしまうのも当然です。
あまり嫉妬しない人にとっては、疑問しか出てこない部分ですよね。
ですが、嫉妬深い人にとってはとても重要なことだということを少し理解してあげてください。

恋人の愛を確かめようとする行動の裏には常に不安があるものです。
自分に自信がないという場合もありますし、
恋人からの愛を感じることができないという場合もあり、
様々な理由で不安な気持ちに押し潰されそうになっているかもしれません。
他に良い人との出会いがあったら自分は振られてしまうかもしれないとか、
恋人にとって自分の存在はなんだろうという不安があると、
ついつい愛を確かめたくなるのもうなずけるでしょう。

恋人が嫉妬させようと仕掛けてきていると感じたら、
恋人を安心させてあげる言動をとってみてはいかがでしょうか。
「一番大切な存在」ということを言葉で伝えてみたり、
二人の出会いの場所や記念日に特別な思い出を作る演出をしてみたり、
たまには恋人に対してヤキモチを妬いているととれる言動をしてみたりと、
安心させてあげる工夫をしてみると恋人の嫉妬や束縛も緩くなってくるかもしれません。
相手のことを想う気持ちというのは相手に伝わらなければ意味がありませんので、
伝わっていないと感じるようであれば言葉や行動を変えて伝えてみてくださいね。

2015.01.08