恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 過去に学ぶ恋 > 嫉妬心を抑える

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

嫉妬心を抑える

恋人のことを好きになればなるほど、嫉妬心というものは芽生えてくるものなのかもしれません。
恋人が他の異性と仲良く話をしているだけでムッとしたり、
異性が一緒の飲み会に参加していると聞けばイライラしてしまったりという経験を
お持ちの方も少なくないようです。
ほんの少しの嫉妬であれば相手は嬉しく感じることもあるようですが、
度が過ぎると冷めてしまうきっかけにもなってしまいますよね。

覗く男性

嫉妬がひどくなってくると、だんだん束縛もひどくなってくるようで、
息苦しくなってしまうのかもしれません。
同性だけの飲み会などにも参加してはいけないと言われたり、
参加できたとしても何度も何度も電話をかけてきたりメールをしてきたり、
またメールの返信がないとすぐに浮気を疑われたりと、
嫉妬から引き起こされる過剰な束縛や疑惑というものは相手にとって窮屈でしかありません。

長く付き合っていても、まだ出会いから日が浅くても、
付き合っている期間など関係なくもともと嫉妬深いという人もいるようで、
そういうタイプの人は特に注意が必要です。
他に良い出会いがあったら振られてしまうのではないか、
という不安からついつい恋人を束縛してしまうという人、
毎日毎日ずっと一緒にいたいから異性でも同性でも
自分以外の人とは遊びに行ってほしくないと考えてしまう人、
様々な理由から恋人を過剰に束縛していては長続きするはずがありませんよね。

そういうタイプの人は嫉妬心を抑える努力が必要です。
自分独りの時間を楽しめるように努力し、恋人との距離感を詰めすぎないようにするといいです。
嫉妬ばかりせず、恋人を信用するということも必要ですよね。

自分と一緒にいなくても、恋人のスケジュールを把握していなくても、
常に信頼関係が出来ていれば嫉妬心は抑えることができます。
嫉妬と束縛で恋人に窮屈な思いをさせないようにしなければ、
二人の今の幸せが壊れてしまうかもしれないということを頭に置いておきましょう。

2015.01.13