恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 過去に学ぶ恋 > 付き合いが長くなったら

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

付き合いが長くなったら

長く付き合っていたのに別れてしまったという人は、
倦怠期をうまく乗り越えられなかったか、もしくは「長く付き合っている」という事実に
安心していたかのどちらかが原因となることが多いようです。
倦怠期を乗り越えられなかったという人の多くは、
相手の嫌なところばかりが目に付いてケンカが増えてしまったり、
一緒にいても楽しくなくてついつい他の出会いに目を向けてしまったり、
魔が差して浮気をしてしまったりと、
二人の関係を修復することができなくて別れてしまうようです。

電話する女性

乗り越えられなくて別れてしまうということは、そこまでの相手だったのかもしれません。
もっと自分に合った人との出会いのために別れたのだと気持ちの切り替えが必要です。
いつまでも未練を引きずっていては次の出会いを逃してしまいますので、
うまく気持ちを切り替えて次の恋愛を楽しむようにしましょう。

問題なのは、長く付き合っているという事実に安心しきってしまっていたという理由です。
この場合、自分でそのことに気付いて考え方や言動を変えていかなければ、
次の恋愛もうまくいかなくなってしまうかもしれません。
長く付き合っているからといって、相手のこと全てが分かったわけではありませんし、
相手の心を全て見透かすことができるわけでもありません。

自分の気持ちは言葉にして伝えなければ伝わらないことはたくさんあるはずです。
それなのに、「長く一緒にいるのだから言わなくても分かるはず」と考えて、
相手に「好き」という気持ちを伝えなかったり、自分の考えていることを言葉にして
伝えずに勝手な行動さえも理解してくれるはずだと思い込んでしまったりして、
結局相手には何も伝わらずに終わってしまうという結果になってしまいます。

そんなことにならないためにも、長く付き合っているからといって安心せず、
相手に対する気持ちを常に新鮮なものにしておきましょう。
マンネリを解消するために努力したり、
相手に自分の気持ちをちゃんと言葉で伝えたりしてみてくださいね。

2015.01.14