恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 結婚相手の選び方 > 後悔する結婚とは

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

後悔する結婚とは

結婚相手をしっかり見極めるというのは簡単なようで難しいものです。
一目惚れの出会いから付き合う期間が短い状態で結婚したり、
恋愛感情が燃え上がっているうちは欠点も見落としがちになってしまいますし、
結婚してから豹変したという話もよく耳にしますよね。
ですが、結婚している人の多くは
「結婚して失敗した」という気持ちを一度は感じたことがあるものです。

背中合わせの二人

ひどい夫婦喧嘩をした後は、「こんな人と結婚するんじゃなかった」と思うでしょうし、
自分の考え方と全く違う部分が見えてくると、
「本当に結婚して良かったのか」と疑問に思うこともあるはずです。
これらの感情は特殊なものではなく、長く結婚生活を続けていくと
必ずといっていいほど感じる感情といえるようですので心配はいりません。
違う環境で育った者同士が一緒に生活をしていくのですから、
衝突したり意見が食い違ったりして当然なのです。

問題は、そう感じるときに相手に対して愛があるのかどうかというところです。
中には、愛し合っている夫婦という関係を諦めて
「仲の良い同居人」として暮らしているという人もいるようですし、
仮面夫婦を続けているという夫婦もいるというのが現実です。
結婚したことを後悔しているというのであれば、
やはり恋人のときの見極めが十分でなかったのかもしれません。

とはいえ、見極めるということはとても難しいことです。
本心というものは本人にしか分かりませんし、
結婚生活を想像するだけでは分かりきれないこともたくさんあります。
一般的に、結婚したいと思う相手との出会いがあれば必ずした方がいいこととして挙げられるのが
「相手の両親を見る」ということです。

たいていの場合、体系や性格など両親に似てくるものですので、
恋人の未来を予測することができますよね。
ご両親の夫婦仲やお互いの扱いなど、よく観察しているとだんだん見えてくるようです。
亭主関白なのか母親が権力を持っているのか、
また恋人の両親に対する態度なども有力な情報です。
結婚を決めてから初めて会うのではなく、恋人の段階で仲良くなっておく方がいいですよね。
その方がたくさんのことが見えてくるはずです。

2015.01.21