恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋愛対象外からの可能性 > 異性として意識しあうまで

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

異性として意識しあうまで

出会いの場が欲しいと、それを日頃の話題にしている人は意外と多いのではないでしょうか。
そんな話題が出るのは、学校のカフェテリアであったり、同僚との昼食の場であったりと、
場所も時間帯もさまざまなことでしょう。
そうした人の中には、異性の同級生がそばに居たり、職場の異性が同席しているにもかかわらず、
同性同士で会話を楽しんでいる時のようにその話題を口にしている人が多いのではないでしょうか。
そうした「異性を意識しない」物言いが、
案外あなたの交際の機会を減らしているのかもしれません。

同僚が見ている

出会いは、いつどんな形で訪れるか分かりません。
ですが、あなたの周りには、常に何らかの形で「異性」が存在しているはずです。
では、どうして異性がいるにもかかわらず、出会いや交際に発展しないのかといえば、
「恋はある日突然訪れるもの」といった思い込みや、自分を良く知っている、
もしくは自分がよく知っている気心の知れた相手は恋愛対象にならないと無意識に思い込み、
相手を異性として見ていないからなのかもしれません。

人は、新しい出会いがあると、その人たちを分かりやすくカテゴライズしてしまいます。
どういったカテゴリーに入れるかは、
相手の第一印象によって決まると言っても過言ではありません。
出会った時の印象によって、「友達」の枠に組み込まれる人もいれば、
「相談相手」や、実際の関係がどうであれ「兄弟(姉妹)」という
枠に組み込まれてしまう人もいることでしょう。
そうした枠に一度組み込んでしまうと、例え相手があなたを異性として意識し始めていても、
あなたの方はそれに気づかないこともあるのです。
あなたがそれに気付くためには、相手が努力を重ねるか、
あなたの考え方が変わるための大きなきっかけが必要になるかもしれません。
それは、あなたが相手を異性として意識し始めた時にも、同じことが言えるのです。
ですから、「恋人が欲しい」と友人たちと話題にする前に、
まずは自分の周りには異性として意識するべき相手がいないのか、
自分の理想に当てはまる人はいないのかを確認してみることがお勧めです。

案外、既にあなたを異性として意識している人がいるかもしれませんし、
友人や同僚としてだけでなく、異性としても素晴らしい人がそこにいるかもしれません。
つまり、気付いていないだけで、恋人を探しに行くまでもなく、
もう出会っているのかもしれないのです。
カテゴリー分けはとても便利ですが、せっかくの恋愛対象を
狭めてしまうことにもなりかねないので、そうする時には細心の注意が必要なのです。

2015.01.29