恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋の温度差 > 気持ちを量らない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

気持ちを量らない

出会いの直後は、人のテンションが最も高い時期と言えます。
そのテンションのまま交際が始まり、その勢いを借りて、
人は互いについてより詳しくなろうと努力し、
より好ましく思ってもらおうと努力を重ねて過ごすのです。
そうした時期には、互いが互いへと向ける気持ちのベクトルは同等で、
その勢いはこれから増すばかりだと考える人が多いのではないでしょうか。
そんな風に考えることはとても自然なことですし、
その勢いが互いの関係を深めたり、より良好で親密なものへと変えてゆくのは確かです。

暖炉

ですが、いわゆる「恋の炎」が燃え盛っている時間というものは案外短く、
そのあとは暖炉や囲炉裏の種火のように静かに、
けれど決して消えてしまうことなく燃え続けるようになるものなのです。
そうした互いへの理解が深まり、甘え合うことや許し合うこと、
わがままを言い合うことができるようになってくる時期には、
関係が深まったからこその誤解やすれ違いというものが起きやすくなってきます。
炎が静かになったことで、自分の方ばかりが恋していると感じるようになったり、
相手が素っ気ないと感じたりで、両思いではあるけれど
ある意味片思いになっているのではないかという疑念が湧きやすいのも、
こうした出会いから少し時間が経ち、二人の関係が落ち着いてきた時期に起こりやすい現象です。

それは自分の方にも起こっていることで、相手の炎ばかりが静かになったのではないのですが、
人は自分のことはあまり良く見えず、往々にして好きな相手のことばかりが良く見えるものなので、
そう感じてしまうのも仕方のないことと言えるかもしれません。
せっかくの出会いを無に返してしまわないためにも、
相手の気持ちを自分の気持ちと比べようとしたり、量ろうとしないことが大切です。
何故なら、そもそも、交際が始まった当初から、
二人の互いへのベクトルが同じだったことなど一度もなく、
それぞれがそれぞれの目いっぱいの表現や感情で相手への気持ちを表していただけなのです。
それが「同じ」に見えていたのは、
恋愛によって互いのテンションが随分と上がっていたからに他ならないのです。

相手をとても大切に思っていても、それを表すのが得意ではないという人もいるでしょうし、
好きだという気持ちは、全て吐き出さなければ気が済まないという積極的な人もいるでしょう。
表現が消極的だからといって「好きが少ない」訳ではなく、どれくらい好きなのかは、
本人にしか分からず、それを誰かの気持ちと比較したり量ったりするべきではない
ということを覚えておくことが、関係を進める上で大切なことなのです。

2015.01.30