恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 距離を置く期間 > やむを得ない距離

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

やむを得ない距離

長く恋愛を続けていると、出会いから交際へと進んだ当初には
考えもしなかった出来事に遭遇することがあります。
そうして出会う出来事の全てが楽しいことばかりであればいいのですが、中には、
将来について不安を覚えずにはいられないような障害と遭遇してしまうこともあるようです。

手と手を取り合う

そうしたもののひとつが、「遠距離恋愛」ではないでしょうか。
遠距離恋愛は、精神的にだけではなく、金銭的にも互いに負担がかかるため、
「転勤」という言葉を聞いた時点で暗澹たる気持ちになる人もいるかもしれません。
また、自分の目的や将来のために、あえて転勤の希望を出したという人や、
留学を決意したという人もいるかもしれません。
どういった形にしろ、出会いの時点でそれらが決まっていたという人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

出会いから間もなくに、不安を抱かせるようなことを告げる必要はない、
はっきり決まってから告げればいい、そう考えている人も中にはいるでしょう。
ですが、もしかしたら遠距離恋愛になるかもしれないという「覚悟」の期間がある場合と、
ある日突然言い渡されるのとでは、心構えも不安の大きさも違ってきます。
交際相手のことを思うのであれば、そして、現在の交際相手との将来を望んでいるのであれば、
そうした希望を持っていることや会社の都合により
そういった事態が訪れるかもしれないということは、できるだけ早い時点で伝えておきましょう。
さらには、そうした時に自分がどうしたいのかや相手にどうあって欲しいのかについて
話し合っておくことがお勧めです。

また、遠距離恋愛になることを告げられた側も、動揺することは当然かもしれませんが、
相手が自分との関係をどうしてゆきたいと考えているのかや、
自分にどういった心構えでいて欲しいと思っているのかをしっかりと聞き、
少しでも不安が解消できるように、
尋ねておきたいことをきちんと聞いておくことがお勧めですし大切です。

遠距離恋愛をある種の「危機」や「障害」と捉える人は多いかもしれませんが、
それは、自分たちの心の繋がりが試される機会だということもできます。
ですから、そうした出来事に遭遇した時こそ、「負けない」という強い気持ちや、
「乗り越えてみせる」という前向きな気持ちを持って進むことがお勧めです。
また、遠距離恋愛を経験したからこその絆というものも生まれるので、与えられた試練ではなく、
自分たちが成長するために置かれた距離なのだと考えてみることもお勧めです。

2015.02.06