恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 距離を置く期間 > 反省の必要性

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

反省の必要性

出会いから交際へと順調に進んできたカップルの中には、
「ケンカなんてしたことがない」という人や、
「ケンカをしてもすぐに仲直りができる」という人もいるかもしれません。
ですが、出会いからしばらくの間は、互いにより好ましく思って欲しいといった感情や、
嫌われたくないといった気持ちが強く働いているため、ケンカの機会は極端に少ないでしょう。
ケンカをしてしまった場合にも、「相手を許そう」「この場は譲ろう」
という気持ちが優先されるため、直ぐに仲直りができたりもするのです。

写真

そうした時期は互いの関係を深めるためにとても大切だということができます。
その時期に、些細なケンカを経験し、
その際に意見を譲られたり許されたりという経験をしておくことは、
そうしてくれた相手への好意を育ててくれるだけでなく、自分の側もそうしてあげたいといった、
思い遣る気持ちや労わる気持ちも育ててくれるのでとても大切なのです。

ですが、出会いから随分と時間が経ち、互いの関係がより親密さを増してくると、
相手がそうしてくれる前に、「これくらいであれば許してくれるだろう」といった驕りや、
「わがままであっても聞き入れてくれるはず」
といった甘えが顔を覗かせるようになってくるものです。
それは、互いが言いたいことを言い合える間柄になってきたということですし、
緊張がほぐれてきたということでもありますが、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がある通り、
自分の思い込みだけで好きに振る舞ってしまうと、大きなケンカの原因になったり、
交際の危機を招きかねないので注意が必要です。

また、初めて大きなケンカをしてしまった時などは、互いの言葉にショックを覚え、
つい感情的に言葉を返してしまったり、
思ってもいない言葉を投げつけてしまったりすることが多いので、
収拾がつかなくなる前に一旦時間や距離を置くことが大切です。

そうして距離を置いた場合にも、相手のどこが悪かったのかや、
どういった物言いが気に入らなかったのかを追及してしまうと怒りが再燃するだけなので、
まずは自分の側に乱暴な言葉遣いがなかったか、
相手を傷つける物言いをしてしまっていなかったかから考えることが大切です。
そうして伝えたいことや聞きたいことがはっきりとしたら、まずは、
感情的にならないようメールなどでどうしたいのかを伝えることがお勧めです。
その際も、書いて直ぐに送るのではなく、少し時間を置いて、
その言葉で伝わるかをもう一度確認してから送るよう心がけましょう。

2015.02.11