恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 距離を置く期間 > 考え方の違いを認める

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

考え方の違いを認める

出会いから交際へと進み、互いに気心が知れるようになってくるには随分と時間がかかりますし、
そうした関係になれるまでの間は、相手のことを知るのが楽しかったり嬉しかったりで、
滅多なことではケンカなどしないのではないでしょうか。
もししたとしても、それは随分と軽微な事情であったり原因であったりで、
どちらからともなく仲直りができる、そうし合えるということが多いことと思います。

背中合わせの二人

それは、せっかくの出会いを水の泡にしてしまいたくないという気持ちが
強く働いている時期だからでもありますし、相手に嫌われたくない、
より好きになってもらいたいと努力している時期だからでもあります。

ですが、出会いから時間が経ち、互いのことをよく理解し合い、
言葉にしなくても相手がどんなことを考えているのかやどうしたいと思っているのかを
察することができるようになってきた時期に起こるケンカは、
なかなか根が深く、直ぐには仲直りできないということも多いようです。
それは、「一番理解している」という自負があったにもかかわらず、
思いもしないことを言われたり、考えを否定されたことでケンカが起こる場合が多いからです。

ケンカまでは行かずとも、相手の考え方に納得がいかないということは誰にでもあるでしょう。
恋愛の初めの頃は、そうした意見の食い違いなども、「そんな風に考える人なのだ」と
柔軟な気持ちで受け入れられることが多いのですが、こうした時期のケンカは、
理解している、されていると思っていたところにくる衝撃なので、
なかなか冷静に話したり聞き入れたりはできなくなるようです。

ですから、今までにない、ちょっと根の深いケンカをしてしまった場合には、
一緒にいると互いのトゲで互いに傷ついてしまうので、少し距離を置くことが大切です。
それは、頭を冷やすためでもありますし、相手の言葉を冷静に振り返り、
それが自分にとって本当に受け入れがたいものであったのかどうかを
確認するための時間でもあります。

そして、かつてのように柔軟に相手を受け入れられる、
考えの違いを受け入れることができることを自分に確認してみてください。
相手との関係は、恋愛当初よりは深まっているのですから、
その時にできたことがより親密になった今になってできないということはないのです。
考え方の違いを認めるということは、決して「負ける」ということではないので、
互いによき理解者であり続けるためにも、少し時間や距離を置いて、
冷静になってみることがお勧めです。

2015.02.12