恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> ストライクゾーンの広さ > ストライクゾーンを広げよう

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

ストライクゾーンを広げよう

世間では出会いがあるにもかかわらず「恋ができない」と言っている人が多くいます。
出会いの全くない人であれば、
そもそも異性と関わる機会がありませんので恋愛をするのは難しいですが、
出会いがあるのであればそれほど恋愛をすることは難しくないはずです。
それではなぜそのような人たちは、環境に恵まれているのに恋ができないと嘆くのでしょうか。

ストライクゾーン

その理由の一つとして、恋愛に落ちるストライクゾーンが狭く、
なかなか異性に対して心を開けないことが挙げられるかもしれません。
このストライクゾーンが狭いと、
どうしても恋人選びの際や恋人ができてからでも異性を見る目が厳しくなり、
相手の悪い部分ばかりが目について恋愛が楽しくなくなってしまいます。
自分のストライクゾーンが「背の高い人」という条件を含んでいたいとすれば、
どれだけルックスや経済力を持っている条件の良い人であったとしても
自分の恋人になる資格はないと見てしまうでしょう。

その反面、もし背の高い人でも背の低い人でもストライクゾーンに入っているという人ならば、
恋人選びの際に身長の条件を気にしなくても良いですので、
比較的簡単に恋人を見つけることができ、
そして恋人同士になってからでも相手に多くの不満を持つ可能性も低くなるでしょう。

このように、ストライクゾーンを広く持つことは自分の恋愛の可能性を広げることに繋がります。
誰にでも恋人に求める条件として、どうしても譲れないものは一つ二つくらいはありますが、
そのどうしても譲れない条件以外については、
ある程度融通を利かせてできるだけ広くストライクゾーンを持ってみませんか。
そうすれば、今まで気にしていなかった人も異性として認識し、
非常に恋愛がしやすい環境になるはずです。
また、出会いがあまり無い人の場合は、
より一層自分の中のストライクゾーンを広く取るように意識してください。
そして、出会った異性の良い部分を多く見えるようにすることが
恋人ができやすくなるための秘訣になるでしょう。

2015.02.24