恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> ストライクゾーンの広さ > 年齢で変わるストライクゾーン

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

年齢で変わるストライクゾーン

人は年齢を重ねるごとにどんどんと見た目が変化していくとともに、
心の方も変化していくと言っても過言ではないでしょう。
そしてこの心の変化は恋愛に関するストライクゾーンの変化にも繋がってくると考えられます。
つまり多くの人は生まれてからずっと同じようなストライクゾーンを持っているわけではなく、
年齢を重ねることによってどんどんと変化していくのです。
これは当たり前のようなことですが、あまり意識されている方は少ないのではないでしょうか。

閉まるドア

例えば10代の恋愛であれば男女共にルックスを重視して恋人を作ろうとします。
ですから、ストライクゾーンにはかなりの偏りがあると考えられるでしょう。
その点、年齢を重ねていけばその恋愛相手に求める条件について、
ルックス以外の要素、つまり経済力やその人の能力など様々なものが加わってきます。
そうなるとストライクゾーンは広まると考えて構いません。
逆に年齢が変わることによって異性を見る目が厳しくなり、
ストライクゾーンが狭くなるケースもあります。
ただ、どちらにせよ言えるのは、年齢を重ねればストライクゾーンは変化するのは
絶対的な真実だということです。

また、学生時代は男女の出会いも多く、時間も沢山ある環境だったのに対し、
社会人になると一気に男女の出会いの機会が少なくなるというケースも少なくありません。
そうなると、必然的にストライクゾーンを広くしなければならない必要性が出てきます。
そのような環境的な要因からも、
年齢の変化に伴ってストライクゾーンは変わると考えられるのです。

もし10代の頃に好きになった人がいて、その10代の頃に交際を申し込んで振られたとしても、
それから数年経っていると相手のストライクゾーンも広くなっている可能性がありますので、
再び交際を申し込めばその相手からOKをもらえるかもしれません。
ですから、一度交際を断られた相手であっても、
それから年月が経っていれば期待を持って再アタックしてみるのも良いでしょう。

2015.03.03