恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋愛でより深く愛される方法 > 男女のストライクゾーンの違い

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

男女のストライクゾーンの違い

同じ人間であったとしても、男性と女性では考え方が全く違うと言っても過言ではありません。
それは日常的な物事の考え方もそうですし、
特に恋愛に対する考え方は著しく違うと言えるでしょう。
そのような違いのある男女ですから、
当然ストライクゾーンの広さについても大きな違いが出てくるものではないでしょうか。
実際に男性と女性では、恋人に求める条件などについて全く違う傾向がありますので、
ストライクゾーンの広さも全く違うと言えます。

写真

男性であれば女性に対して家庭的な一面を求める傾向があります。
ですから、ルックスや経済的な面をそれほど女性に対して求めないので、
比較的ストライクゾーンは広い傾向にあると考えてかまいません。
ではもう一方の女性はどうなのかというと、
男性に比べて恋愛の相手に対して多少ルックスを重要視する点があることに加えて、
結婚適齢期の女性の場合は相手に経済的な豊かさを求める傾向があります。
ですから、平均的に見てみると男性よりも女性の方がストライクゾーンが狭いと言えるでしょう。
ただ、これはあくまでも平均的な男女の考え方ですので、例外は多々あります。

さて、このように男女によってストライクゾーンの違いがあるとすれば、
片思いにしろ両思いにしろ恋愛をしやすいのは、意外と男性であるのかもしれません。
出会いの多い職場に勤めていたり、出会いを求めて合コンなどに頻繁に行ったりするなど、
ある程度異性と関わる機会が多い人であったとしても、
その男女の違いによるストライクゾーンの違いから、
恋人の見つけやすさには性差が生まれると考えられるでしょう。

ストライクゾーンが広い、狭いに優劣はありませんが、
それが広すぎたり狭すぎたりすると恋愛の面で色々な問題が出てきます。
ですから、恋人にするのは誰でもOKというような男性は
できるだけそのストライクゾーンを狭くするよう努力し、
逆にそれが狭すぎる女性は広くするように努力をすれば、
高望みせず妥協しすぎずに恋人を見つけることができるはずです。

2015.03.03