恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 女子力と男子力 > 「らしさ」は内面から

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

「らしさ」は内面から

出会いからしばらくの間は、交際相手である女性を守りたい、
大切にしたいと強く思う男性も多いことでしょう。
近ごろは男女を役割で分ける世の中ではなくなってきていますが、
それでも、男性は本来持っている父性から女性を守りたい、
男性ならではの強さで女性を労わりたいと考える傾向にあるのではないでしょうか。
また、女性の側は、やはり本来有している母性から男性を労わりたい、
優しくできる存在でありたいと無意識のうちに考えていることと思います。
男性ならではの気遣いや、女性ならではの優しさといったものは、
時代が変われどもそれぞれの性に備わったものであり、
出会いは、そうした気持ちを刺激してくれる、目覚めさせてくれる機会でもあるのです。

芯のしっかりした人

出会いの場に限らず、周りには常に「異性」が存在していますが、
友人や家族といった中に存在する「異性」に対する労りの気持ちと、
交際相手として見ている「異性」に対してでは、
後者に対しての方がより強くそうした気持ちが働いているのではないでしょうか。
それは、二人の間に恋愛感情が存在するからであり、
その感情が父性や母性を刺激するからでもあるのです。

近頃では、男性であることや女性であることを指して、
「こうあるべき」という考え方は随分と薄くなり、
性別で「らしさ」を分けるべきではないという風潮になっていますが、そうは言ってみても、
男性と女性、それぞれに得意な分野があるのは事実なのです。
何故なら父性も母性もその性に備わっていて、取り外したり付け替えたりできるものではないからです。
そして、そうした父性や母性を指して、「男子力」や「女子力」と呼ぶようになってきたのです。

世間一般的には、女性らしい仕草や立ち居振る舞い、
男性らしい態度を指して「女子力」「男子力」と呼ぶことが多いようですが、
そうした見た目で分かる事柄ではなく、受け取る側がその異性から感じる魅力、
それこそが女子力であり男子力ということができるでしょう。

ですから、より強く相手を「異性」として意識する場である出会いをきっかけに、
そうした魅力が発揮されるのも当然ですし、
相手がそれを「男らしい」「女らしい」と感じるのもまた当然のことなのです。
雑誌や、さまざまなメディアによって、そうした異性としての魅力やらしさは、
外見的なアピールこそが大切だと広められていますが、労りや思い遣りなど、
異性に向けて発揮されるそうしたものこそが本来の女子力、男子力といったものなのかもしれません。

2015.03.12