恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 価値観の違い > 恋人とのずれを感じたらすること5つ

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

恋人とのずれを感じたらすること5つ

恋人と楽しく過ごしている中で、ずれを感じることはありませんか。
そのずれが大きければその場で話し合うこともできますが
日常のちょっとしたずれはなかなか伝えるタイミングを作れずモヤモヤしてしまうことも多いものです。
そのずれは価値観の違いからきているかもしれません。
出会いのきっかけがなんであれ価値観が全て同じだという人はいません。
そんな恋人とのずれから喧嘩や別れに発展しないためにも、
違いを感じたときにしておきたい5つのことをご紹介します。

考え事をする女性

ずれを感じたときには、できるだけすぐにどうしてそう思ったのか、
または行動したのか相手に尋ねてみましょう。
その際に気をつけなければならないのは責めるように聞かないことです。
同じ「どうして?」も問い詰めるように聞いてしまっては相手も喧嘩越しになってしまいます。

あれ?と思ったときには「自分はこう思うけど、どうかな?」と
相手に自分の思いや考えを伝えてみましょう。
その時のコツは意見を押し付けないようにすることです。
あくまで一つの提案として話してみましょう。

意見がぶつかったときは冷静になりましょう。
一度黙って鼻から息を吸って口から吐き出します。
そうすることで一呼吸おけるので、お互いにクールダウンできます。

違いを感じた瞬間から時間が経ってしまったときには、じっくり考えるチャンスです。
まずは自分がどんな価値観をもっているのかをはっきりさせてみましょう。
そうすることでどこに違いやずれを感じたのかがわかってきます。

自分が正しいという思い込みを捨てましょう。
ずれを感じたときほどその思い込みが相手を責めることにつながってしまいます。
きちんと話し合わなければ相手がどうしてそう考えたのか、行動したのかはわかりませんよ。

5つのことを試してみることでなんとなく感じていたずれが単なる思い込みやすれ違いだったことや、
価値観の違いからきているものであることがわかってくるはずです。
違っていて当たり前と思って折角の出会いを価値観が違っていることで
無駄にしないようにできると世界が違ってみえてくるかもしれませんよ。

2015.03.23