恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 料理が下手な恋人 > どちらかに負担がかからないように

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

どちらかに負担がかからないように

恋人が料理下手だと、後々出て来るのが「私はお手伝いさんではない」という苦情です。
どちらかに家事の負担が偏ってしまうと、気持ちがネガティブになっても仕方がありません。
男女問わず、料理ができることが今は恋愛対象を選ぶ条件のひとつになっています。
できる限り料理の基礎は恋人を探す前に身につけておきましょう。

お味噌汁

出会いを求める前に、ある程度の料理ができることが前提になりますが、アレンジ料理もできて、
味もよくないと料理下手という厳しい判断をする方もいないわけではありません。
特に、1人暮らしの期間=自炊期間と考えがちですので、1人暮らしが長いのに料理が苦手となると、
相手が引いてしまう場合が多いと言えるので気をつけましょう。

料理はもちろん味の好みが大いに影響します。
好みの味ではない料理を作るだけでも料理下手のレッテルを貼られてしまうこともあるため、
お互いの好みの味を知っておくことが大切です。
おみそ汁であれば、いつも使っているだし、お醤油や砂糖に至るまで、
よく使う調味料は合わせておいた方が好みの味に近づきやすくなります。

料理を作ってもらったら、後片付けは作らなかった方の担当にするなど、
きちんとした分担ができればお互いの気持ちの負担はかなり減らせます。
男性に多いですが、料理を含む家事は女性の仕事という考えはかなり古く、
好まれませんので気持ちの改善を計ってから出会いを求めた方が良縁に恵まれる確率が上がります。
古い認識は早めに更新したいですね。

2015.05.01