恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 駆け引き上手 > 駆け引きが上手な人のLINEワザ4選

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

駆け引きが上手な人のLINEワザ4選

駆け引きが上手な人はLINEもうまく使いこなしています。
出会い方にもよりもますが、LINEの交換は比較的出会ってすぐにできることも多いものです。
普通のLINEでの会話に一工夫加えるだけで、あなたも駆け引き上手になれるかもしれません。
ここでは、駆け引きが上手な人に学ぶLINEワザを4つご紹介します。

笑顔でスマホを触る

できるだけ相手とタイミングを合わせてLINEをしましょう。
ポンポン返事が返ってきている時にはこちらからも同じように送り、
逆に既読がついても返信がなかなかないときにはこちらからも連絡を控えておきます。
そうすることで自然と相手も連絡しやすくなりLINEでの会話が弾むようになってきます。

時には既読スルーをしてみましょう。
ポンポンLINEをし合っているときなら15分~30分程度突然間を空けることで相手が
「今何しているのだろう」とあなたのことを考える時間が生まれます。
駆け引き上手になるためにはこうした引くタイミングが重要となります。

会話の流れをつかんでイニシアチブを取れるようにしましょう。
デートの約束も自分からではなく相手からしてほしいなら
イベントなどの情報をシェアするだけして誘うことはしないようにします。
相手から誘ってきたときもしばらく時間をおいてから返事をするとこちらのペースに巻き込めます。

写真やスタンプを気軽に送ることができるLINEの特徴を活かして、
間違い写メを送ってみるのも駆け引きに役立ちます。
写真はどんなものでもいいのですが、
何度もやるとわざとらしくなってしまうのでここぞという時にやってみましょう。
できればその後の会話につながるようなタイミング、内容の写真やスタンプだと効果的です。
休日に出かけていてこれから会いたいのであれば、
そのスポットがどこかわかるような写真にするなど工夫してみましょう。

LINEを使った駆け引きはメールの駆け引きとも似ています。
しかし、既読がつくことや気軽さ、
メールよりも会話的などの特徴をおさえたLINEならではの駆け引きテクが必要です。
出会いからこれまで相手のLINEを知らなかったという人も
LINEでの駆け引きに挑戦してみてはいかがでしょうか。

2015.05.08