恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋愛対象外からの可能性 > 意識されるきっかけを作ろう

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

意識されるきっかけを作ろう

自分としては、恋愛対象として出会いがあったつもりでも、
相手にとっては友達としての付き合いという認識になってしまった場合、
意思の疎通の方法を変える必要があります。
友達として一緒に過ごす時間の中で、異性として意識されるきっかけ作りをしましょう。
服装や言動、行動を通して、好意が伝わりやすい雰囲気を作るといいですね。

仲良く座る男女

友達としてお付き合いができているのであれば、少なからず相手には「好意」があります。
嫌悪を感じる相手であれば、友達にさえなれません。
出会いの段階で最初のハードルはしっかり越えていますので、
後は自分がどれだけ異性としてのアピールをできるかどうかです。
ストレートに「好き」と伝えることも大切ですが、その理由がわかるようにしたいところです。

恋愛をするなら告白は当然ですが、
恋愛対象として意識されていない状態ではかなりの冒険になってしまいます。
相手が少しでも自分を異性として認識できるように、
こちらからアプローチして認識を変えられるようにする必要があります。
「あなたが特別」と伝わるよう、他の誰かを優先しないようにすることが大切です。

挨拶や感謝の言葉など、ごく当たり前のことですが、丁寧な姿勢を貫くと好感度は上がります。
つかず、離れず心地よい時間を作ることができれば、
出会いから恋愛対象として認識されなくても、相手の意識を変えることは可能です。
友達として得た「付き合いやすさ」をさらに延長して、
恋愛対象として意識される工夫を忘れないようにしたいですね。

2015.05.19