恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋愛対象外からの可能性 > 特別感を演出することを忘れずに

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

特別感を演出することを忘れずに

好きになった人に対して「特別感」を演出するのは当たり前ですよね。
でも、その相手が自分を恋愛対象として見ていないとなったらどうでしょうか。
空回りしている状態になってしまいますが、それをやめてしまうと、
相手に気持ちが通じることはありません。
異性として意識してもらえるチャンスを自分で減らさないようにしましょう。

アンティークな時計

自分にとってはいい恋愛ができそうな出会いだとしても、
相手にとっては気兼ねない異性の友達ができたという認識になってしまった場合、
その認識を覆す必要があります。
自分との恋愛が楽しいものになる、という可能性を感じさせる行動や言動が必要ですし、
相手の好みを把握して自分から今より近づく努力も必要です。

相手が近づいてきてくれたら、少し引いて自分の方へ近づいてくれる余白を多くするなど、
1歩踏み込むチャンスは相手にも残しておきましょう。
自分ばかりが距離を詰めると「しつこい人」というレッテルを貼られてしまうかもしれないため、
引き際をしっかりしておくことも必要です。
次の日の仕事のことも考えて、SNSでだらだら会話を続けるようなことは極力控えたいですね。

例えば、SNSで会話をする場合、ふたりの時間を30分、
または1時間と決めた方がしっかり者だと思われます。
相手からの好印象をどう維持していくのかを考えながら行動すると、
友達から恋愛対象として認識を変えることができます。
相手のことを知る時間に、自分のことも知ってもらえるタイミングを見逃さないようにしたいですね。

2015.05.25