恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 一目惚れの恋 > 相手の第一印象を大事にし過ぎない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

相手の第一印象を大事にし過ぎない

いわゆる一目惚れ、ないわけではありませんよね。
いい出会いがあれば、それは全部一目惚れかもしれません。
ですが、あまりにも第一印象と引きずり過ぎてしまうと、
2度目のデートでイメージの違いに違和感を抱いてしまうかもしれません。
たった1度の顔合わせでわかることは、そう多くはありません。
印象が流動的なものでも受けとめられるような広い心を持ちましょう。

待ち合わせをする女性

自分は相手に対して強い好意を感じる出会いだったとしても、
相手が同じ印象を持っているかどうかはわかりません。
相手にも自分を強く印象づける必要がありますし、
もう1回話してみたいと思われなければその縁は続きません。
顔を合わせている時間にどれだけの会話を成立させ、
コミュニケーションを取れるかどうかにかかっています。

恋人候補になるためには、
当然ですが「悪い部分」を見せてしまうことがないように気をつけなければなりません。
それは、恋人になる前だけでなく、もし両思いになれた場合も続きます。
見た目だけに引かれたと思われないような行動や言動も必要ですし、
うわべだけを見て好きになったような印象を抱かないようにしなければ、一目惚れは成立しません。

出会いの先に、長い付き合いがあるのであれば、
一目惚れから内面を知り、2度、3度惚れ直したという方が相手の心を掴めます。
その場合、相手を蔑ろにするような態度を後々見せるのであれば、一目惚れをアピールしてはいけません。
会うたびに新しい面を知り、それも好きになれなければ、楽しい恋愛にはならないのです。

2015.05.26