恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 白黒はっきりさせる > 好きになった人に好きな人がいた場合

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

好きになった人に好きな人がいた場合

何かの映画のキャッチコピーに「好きな人に好きな人がいても好き」そういったフレーズがありましたね。
さて、あなたならどうするでしょうか。知ったタイミングにもよりますよね。
恋をしていない人に出会いたいものだけれども、そううまくもいきません。
まずは告白前のリサーチで判明したときのいくつかの例をご紹介します。

好きな気持ち

例えば「友人の彼女に恋をしてしまった。」
この場合には元々彼氏ありきの彼女だった訳ですから、極端に言って絶望的です。
なぜならば恋している相手を好きになっているからです。
自分に振り向かせたところで、恋の灯火は消えてしまう可能性が非常に高いといえるでしょう。
恋をしている人というのは輝いているもので、
誰かのものはよく見えるとよく言われますがまさにそのとおりです。

自分のものになってしまった瞬間、達成感とともに相手の良さがわからなくなってしまうのです。
恋の灯火が消えてしまう可能性が高いのに
友人も失ってしまうハイリスク・ハイリターンのこのパターンは避けておくのが無難です。
もし恋してしまっても、自分の中だけにおさえておきましょう。いくらでも出会いはあります。

例えば「好きになった彼が別の誰かに片思いをしている」この場合は相手に隙ありです。
諦める必要はありません。
攻め方としては2つあります。
ひたすら待ってタイミングを伺うか、ガンガン攻めるかです。
前者の場合は、敢えて友達のふりをします。
相談に乗っているうちに恋しちゃったパターンを狙う訳です。
相手が傷ついているときにさりげなく「自分だったらそうしないのにな」
といったニュアンスの言葉を投げかけてみます。このとき攻め過ぎ注意です。

相手が告白して撃沈したところにつけ込むのが1番の目的なのでそこまではいい人を演じましょう。
もし相手の告白が成功しそうな場合は後者をおすすめします。
あと友達に陥ってしまっていい人止まりに終わってしまう可能性も高いので、
白黒はっきりさせても友達で居続けられる可能性が非常に高い保守的な方におすすめです。

後者は逆で悩みを聞いているふりをして「自分にしときなよ」と早々にいうパターンです。
かなり積極的にアプローチしないと振り向いてもらえませんので、
打たれても打たれてもへこたれない、タフな方には是非トライしていただきたい戦法です。

2015.06.11