恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 思い出の場所 > こだわり過ぎない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

こだわり過ぎない

最初の出会いから時間が経つと、随分と「思い出」が増えていることに気が付きます。
それは、物であったり写真であったり、実際に訪れた場所の記憶であったりと形はさまざまですが、
出会いから時間が経てば経つほどそれらは増えてゆき、収納場所に困るようになることもあるでしょう。
それは、必ずしも物に限ったことではなく、「記憶」であっても変わりません。

夕日の指輪

人の記憶というのは不思議なもので、パソコンでいうところの「メモリー」は
随分と容量が大きいのですが、記憶してあるにもかかわらず、
古いものになると簡単には取り出して見ることが叶わなくなってしまうものなのです。
さほど古くはなくても、短期間に大量の情報を記憶してしまうと、
やはり取り出すことが難しい記憶ができてしまいます。
ですから、交際が長くなればなるほど、二人で積み重ねた思い出が増えれば増えるほど、
昔の記憶は取り出し難くなるのです。それは自然なことですし、
それだけ二人で過ごす機会が多かったということでもあります。

物や写真が残っている場合には、比較的その時の出来事を思い出しやすいようですが、
形として残さなかった場面については二人が同じ形で全てを覚えているケースは少なく、
時にはそのことがケンカの原因になってしまったりもするようですが、
「思い出せない」ということは、「大切ではない」とイコールではないのです。
むしろ、次々と楽しい思い出が増えているからであり、
それは二人の関係が良好だという証しでもあるのです。

ですから、形として残っていない、場所についての思い出や、
その時に交わした会話についてどちらかが思い出せない場合でも、
それを責めることはせず、次の楽しい思い出を増やすことに目を向けることが大切です。
何故なら、それらの記憶は深くにしまわれているだけで、消えてしまった訳ではないからです。
思い出の場所については、再訪した時にふと思い出したりもするので、
日頃は思い出せないことにこだわらず過ごすことが大切です。

2015.06.23