恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 社会人同士の出会い > 譲り合う気持ち

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

譲り合う気持ち

社会人になると、予期せぬ予定が入り、プライベートの時間を削られてしまうことがあります。
正式な残業の場合であれば、それに相当する手当てが入ることからまだ理不尽さを感じずに済みますが、
人間関係を円滑に、かつ充実させるためなどという謳い文句の元、職場主催の宴会などに誘われた時は、
早く解放して欲しい、帰りたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。
人間関係は大切です。
社会人になると、特に、そうした「しがらみ」は重要視されることから、
プライベートの時間を削がれても、諦める人の方が多いようです。

恋人からの連絡を待つ

ですが、出会いがあり、交際へと進んだ場合には、そんなことに時間を割くくらいなら
恋人と過ごすために充てたいと考える人は多いのではないでしょうか。
せっかく出会いがあったというのに、パブリックな事柄にばかり時間を取られてしまい、
なかなか関係が進展しない、このままでは嫌われてしまうのではないかといった
危機感を持ったことがあるという人もいることでしょう。

どちらかだけでなく、どちらもがそうした状況に陥る可能性があるのが社会人同士の交際であり、
だからこそ、相手の忙しさに対して不満をもらすようなことは控えるべきなのです。

交際直後になかなか会えないというのは淋しいことでしょうが、
いつ何時自分の側にもそうした事情ができないとも限らないことから、
会えないことや忙しくて構ってもらえないことに対する不満を
頻繁に相手へとぶつけることは控えた方が賢明です。
時には、その淋しさを打ち明けることも必要ですが、
そうした時には労りの言葉もかけるよう気をつけることが大切でしょう。

社会人同士の交際は、相手の事情に対して「譲る」ことが重要になってきます。
譲った分の穴埋めを求めることは決して悪いことではありませんし、
譲ってもらった側もそうして然るべきですが、事情を打ち明けられた際には、
まず「責める」よりも「譲る」ことを考えてあげることが大切なのです。

2015.07.06