恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 別れても仲が良い関係 > 嫌いではない元恋人との関係作り

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

嫌いではない元恋人との関係作り

嫌いで別れたわけではない元恋人と今後の関係づくりに悩んでいるなら、
ここでご紹介する4つの方法を試してみてください。
恋人としては見られなくなったが、話し相手やよき理解者を失うことが怖いのであれば、
元恋人として別れても仲の良い関係を作っていくのもいい手ですよ。
嫌いではないが、さまざまな理由で別れを選択するカップルは世の中にたくさんいます。
そんな時、その後の関係づくりの第一歩として重要なことが、お互いの同意です。
別れの理由を互いに納得して、いい別れ方をしていれば
別れてからもよき理解者として仲の良い関係を築いていくことができます。

×ボタン

恋人同士でいるとき以上に相手を尊重し敬うようにしましょう。
恋人であれば甘えで許されていた部分も友人となったらそうはいきません。
できれば尊敬し合える関係が望ましいですが、そこまで構えずとも相手に敬意を払うことを
忘れないようにしていれば、元恋人であるからこそのいい関係を続けていけるようになります。
相手や自分の新しい出会いを大切にしましょう。
恋人ではなくなっても、誰かに盗られてしまうようで寂しく感じるかもしれませんが、
その出会いを邪魔してしまうと相手も離れていってしまいます。
同じように、自分の新しい出会いもないがしろにせずにいることで
いつまでも友人として気持ちよく付き合っていくことができます。

恋人ではなく友人であることは常に意識しておきましょう。
特に別れてすぐはつい以前の癖で恋人同士のように過ごしてしまいがちです。
そのまま、また恋人に戻るつもりがお互いにあるようなら問題ありませんが、
友人になろうとしているならしっかり一線を引くようにしましょう。
自分から行動しないことももちろんですが、
相手に求められてもキッパリ線を引いておくことで後々の良好な関係につながっていきます。

嫌いではないが恋人としては付き合っていけない元恋人と、
良好な関係を作っていくコツを掴んだら実行あるのみです。
時には冷却期間が必要な場合もあります。友人として過ごしていくのであれば時間はたっぷりあります。
焦らずにじっくり関係を作っていくことが成功の秘訣かもしれませんよ。

2015.07.16