恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 目線を変える > 自分が変わること

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

自分が変わること

交際期間が長くなってくると、出会いから間もなくのような驚きや新鮮さを感じなくなってきた、
安泰ではあるけれど刺激が足りない気がするなど、
現在の状況に対する些細な不満が出てきたりするものです。
それは、交際相手に対し抱く不満ではなく、環境への不満だということができるでしょう。

山頂でジャンプ

出会いから間もない頃は互いがとても行動的でありポジティブでもあることから、
小さな障害には気付かないことがあるだけでなく、
遭遇したとしても、前向きな姿勢を持っていることから
「二人なら乗り切ることができる」と躊躇いなく立ち向かうケースが多く、
結果、自信につながりこそすれ、大きな不安へと発展することなく収束する場合がほとんどのようです。
もちろん、度々壁や苦難に遭遇するなどということはないのですが、
交際当初は、出来事の何もかもがドラマティックに感じ、
二人でそれらを解決したり楽しんだりしてきたように感じるものなのです。

だからこそ、交際期間が長くなり、二人の関係が安定期に入ると、
何も起こらない、退屈だと感じるようになるのかもしれません。
平穏無事であるということは喜ばしいことであるはずなのですが、
何かを乗り越えることで関係が深まってきたという感覚があるだけに、
平和な時間が続くと絆が薄れてしまうような気がする人も多いのでしょう。

ですから、交際が長くなってきたカップルは、自分たちで新鮮さを見つける必要があるのです。
例えば、互いが近頃興味を持っていることに挑戦してみたり、
今までしたことがないことをしてみたりすることは、
互いの意外な一面を引き出してくれることもありますし、
今まで好きだと感じていた部分をより深めてくれるかもしれません。

何もせずに、退屈だ平穏だと言い続けるのではなく、自分から行動を起こしてみることがお勧めです。
立ち位置を一歩変えるだけでも、見えてくるものは変わるので、
互いについては知り尽くしたなどとは思わず、
まだ何かあるはずだと考えてアクションを起こしてみることが重要なのです。

2015.07.17