恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 目線を変える > 大切だからこそ

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

大切だからこそ

紹介であれ、出会いを求める人たちが集うイベントであれ、
めでたく相手が見つかり交際が始まった場合には、
長く大切にこの関係を育ててゆこうと誰もが思うのではないでしょうか。
特に、前回の交際から長く間が空いていた場合には、そうした思いもひとしおかもしれません。
ですが、そうした時には往々にして「大切にしたい」という気持ちが先走ってしまう傾向にあるので、
ひと呼吸おいてから行動や発言をすることが重要です。

桜の下で寄り添う

出会いを喜び、相手が喜ぶことをしてあげたい、
より好きになってもらいたいと考え行動に移す人は多いでしょうが、
自分がしてあげたいことを考えるよりも先に、
相手の必要としているものに気付ける心の視線を育てることが大切です。
あなたがどれだけ「してあげたい」と考える事柄であっても、相手がそれを必要としていなければ、
それは思い遣りにはなりませんし、むしろ身勝手な人だと受け取られかねないので注意が必要です。

もしあなたが交際相手を大切に思い、この交際を長く続けてゆきたい、
できれば将来を考えられる関係に進みたいと考えているのであれば、
相手を労わる気持ちや気遣う気持ちを持ち、それを育てる努力をすることが大切ですし、
ひとりでそれをするのではなく、互いにそうできる関係を築くことが先決だということを
覚えておいた方がいいでしょう。恋愛は、共同作業なのですから。

そうした感情を育てることによって、相手が望むものも見えてくるようになりますし、
あなたが取るべき言動も見えてくるはずです。
好きな人や大切な人には、何かをしてあげたいと考えるものですし、
それもまた愛情の表し方のひとつではありますが、
相手が望まないものを押し付けるのは関係を深めることには繋がらないので注意しましょう。

嬉しいという気持ちを少しだけ抑えて、ひと呼吸おいて
相手をしっかり見つめることは、良好な関係を築いてくれるだけでなく、
あなたに対する好感度も上げてくれるので是非実践してみてください。

2015.07.23