恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 素直な部分をみせる > ごめんなさいを言う勇気

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

ごめんなさいを言う勇気

「恋人が欲しい」と考えていた時には、さまざまな理想を抱いていたのではないでしょうか。
そうした時期には、相手にとってより良い恋人になれるようにと、
寛大な心と誠実さを常に持っておこうと考えていた人も多いことでしょう。
ですが、実際に出会い、交際が始まると、
見栄なども手伝って理想通りに振る舞えないことも多々あることを実感したのではないでしょうか。

謝る男性

それでも、出会いから間もない時期は、相手に嫌われたくないという気持ちや
より好ましく思ってもらいたいという気持ちが強く働いていることから、
自分に非があると判断した場合には、割と素直に謝罪の言葉が出てくるものです。
ところが、交際が長くなればなるほど、関係が深まれば深まるほど、
「相手は自分を理解してくれている」という甘えが出てきて、言葉にせずとも分かってくれている、
気持ちは伝わっているといった自分勝手な思い込みが働き、
きちんと謝罪の言葉を伝えられないという人が多くなる傾向にあるようです。

関係がどれだけ深まっても、絆が強くなっていようとも、自分に非があると分かっている時には
意地を張らず、できるだけ早くしっかりと言葉にして謝ることが大切です。
それが関係の修復にとって最も大切なことであり、人として大切なことでもあります。
年齢を重ねれば重ねるほど、意地が邪魔をして
「ごめんなさい」のひと言が素直に出てこなくなるようですが、きちんとそう言えることは、
相手に好印象をもたらすだけでなく、誠実さを感じさせてもくれるので口論などになった場合には、
互いに自身の言葉遣いを検証し、非があるのであればしっかり謝罪をした方がいいでしょう。

「ごめんなさい」と口にすることは、とても勇気が要るでしょう。
ですが、時間が経てば経つほど、多くの勇気が必要になりますし、
相手の感情も拗れてしまうことになるので、少しの勇気で済むうちに潔く謝罪することがお勧めです。
今後も良好な関係を続けてゆきたい、将来も共に在りたいと考えている相手に対してであればなおのこと、
そのひと言はとても重要なのです。

2015.08.07