恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 素直な部分をみせる > お互いに心がける

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

お互いに心がける

交際は、互いに互いのことを好ましく思うところからスタートします。
出会いの機会を得たからといって自分が好意を感じた相手が自分に対して好意を持ってくれるとは限らず、
それを考えると、無事に交際が始まったことはとてもラッキーだと言うことができるでしょう。
そうして得た出会いであり、交際の機会なのですから、大切にしたいと考える人は多いでしょうし、
大切に関係を育ててゆくべきでもあるでしょう。

甘える女性

だからこそ、交際当初は、互いに相手へと気持ちを積極的に言葉にして表すことが多いのですが、
時間が経つにつれ、互いが傍にいることが当たり前になってしまい、
愛情を表す言葉を伝える機会は減ってゆく傾向にあるようです。
それは、とても憂うべき事態ですし、そうした時期は交際の危機を
迎えやすい時期でもあるので注意が必要です。

「獲った魚にエサはやらない」という言葉がありますが、交際が長くなってくると、
その言葉を意識している訳ではないでしょうが、そうした態度を取るようになってしまう人は意外と多く、
愛情を伝えるための言葉を省略するようになったり、
思い込みで勝手な行動を取っても理解されると考えるようになったりもするようです。

ですが、どれだけ時間が経っても、互いに対する理解が深まっていたとしても、
だからといって省略してしまっていいものといけないものとがあるのだということを、
是非とも心に留めておいてください。
そして、謝罪や謝意に加えて、愛情を伝えるための言葉も決して
省略してしまってはいけないものなのだと覚えておくことが大切です。
どちらかが気持ちを言葉にして表せばいいのではなく、
どちらもが言葉にすることが大切なのだということも覚えておきましょう。

恋愛は、ふたりで育てるものです。ですから、どちらかだけが相手に気遣うのではなく、
どちらもが相手に気遣ったり、気持ちを言葉にして伝えることが重要であり、
そうすることによって関係も絆もより深まってゆくのです。

2015.08.19