恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 友人との付き合い方 > バランスのとり方

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

バランスのとり方

人の暮らしは、恋愛だけで成り立っている訳ではありません。
ですから、当然、交際相手以外の人間との関係を維持する努力が必要になってきます。
それは、出会いから間もない、恋人と過ごすことに時間をかけたいと考えている時期であっても、
心に留めておくべき重要な事柄です。

写真

社会人として、同僚や上司との円滑な関係を維持することに努めるのは当然ですが、
自分のことを熟知している友人との関係は、今まで以上に深めておくべきでしょう。
なぜなら、恋愛に関するトラブルや悩みに関しては、友人が一番頼りになるからです。
ですから、出会いがあり交際へと進み、ふたりで過ごすことがもっとも楽しい時期であっても、
友人、特に親友と呼べるような人たちとは交流を持ち続けることがお勧めです。

その際気をつけなければならないのは、交際相手の不満が募らない程度に、ということです。
どちらをも蔑ろにしないというのは難しく感じるかもしれませんが、
長い時間を一緒に過ごすことと親密な関係になれることとはイコールで結ばれる訳ではないので、
時には、お互いにプライベートを優先するための時間を持つことがお勧めです。
そうした時間を持つことで気持ちがリフレッシュされ、かえって上手くいくケースもあるので、
一ヶ月に数度など、お互いに身のまわりを整理整頓したり、
友人と過ごすために充てたりする時間を設けることを決めておくのも手かもしれません。

バランスのとり方は人それぞれですが、そうして友人と過ごす時間を作ることや、
ひとりで過ごす時間を作ることは、必ずふたりのためにプラスに働くので、
恋人と過ごさない週末を意識的に設けることをお勧めします。
経験してみれば、あなたの側だけでなく、
きっと恋人もそうした時間の大切さに気付いてくれることでしょう。
長く時間を過ごすよりも、恋愛は短くて濃厚な時間を過ごす方がより距離は縮まるものなのです。
それに気づくには、そしてそうする決意をするまでには多少時間はかかるでしょうが、
より親密になりたければ、そして友人との距離も損なわずにいたいのであれば実践してみましょう。