恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 同い年との恋愛 > 年上の相談相手を持つ

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

年上の相談相手を持つ

社会人になると年齢の違う人たちとの交流の機会も増えてきますが、
学生の場合、同じ「学生」という身分であっても、ひとつ年上であるだけで
随分と大人びて感じることがあるので、どうしてもそうした人たちに相談を持ちかけてしまいがちです。
余程しっかりした相手でもない限り、学生同士での相談で解決できる事柄は少ないので、
いざという時のために頼れる相談相手を見つけておくことがお勧めです。

先輩に相談する

出会いの場が学び舎であった場合、そして同い年で交際を始めた場合には、
年齢の違う人が出会い交際に至ったケースよりも視界は狭くなりがちです。
なぜなら、同じものを見て育ってきたことによって、互いの意見に対して共感を抱きやすく、
それが原因で、外部からの意見に対して不信感を抱く傾向にあるからです。

そもそも、「学生」の世界はとても狭く、自分では社会について勉強しているつもりであっても
圧倒的に経験が足りないことから、それを正しく認識しているとは言えません。
ですから、友人などを相談相手とした場合には、同じように狭い範囲での回答しか得られず、
その時は「最良の答えを得ることができた」と感じても、
のちのち、それを後悔するケースも多いのだということを知っておいてください。

信頼できる大人を見つけたり、自分の考えをしっかり表現したりできるよう
語彙を身につけることはとても重要なことなのです。
自由に恋愛や交友を楽しむためには、「義務」が課せられます。
それは、学生のうちだけではありません。社会人になってからもそれは変わりません。

ですが、学生のうちはより強くそうした義務に対して反発する傾向にあり、
大人はそれを強要する敵だとみなす人も多いようですが、
自分の考えをきちんと説明できるだけの語彙を持ち、
それを理解してくれる大人を見つけることができれば、
とても心強い相談相手を得ることにもつながりますし、恋愛をとがめられたり、
自由を奪われたりすることもないのです。

2015.09.28