恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 同い年との恋愛 > 恋人であり同士であり

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

恋人であり同士であり

イベントなどで出会い、互いについての紹介をしてみたところ、
同い年でにわかに親密度が上がったというカップルも世の中にはいるのではないでしょうか。
そうした出会いは、共感できる事柄も多いことから親密度が増すのも早く、
恋人としてだけでなく、同じ時代や感覚を共有する同士だと感じる人も多いはずです。
それは、時にとても心強いことなのではないでしょうか。

写真

職種や業種が違ったとしても、社会へと出た時期やそれを学んでゆく過程においては
「同級生」であり、だからこそ理解し合える部分もあるでしょうし、
そうした共通点が絆を深めてくれる場合もあることでしょう。
交際において、相手の悩みや不安を理解できるということはとても大切なことですし、
理解しようという気持ちからは労わる気持ちや思い遣る気持ちも芽生えてゆくものなので、
ふたりにとってそうした過程はプラスに働くことこそあれ、
マイナスに作用することはないのではないでしょうか。

同い年だからこそ共感できる感覚というのは確かにあります。
その場合、異性であることは別の立場の意見を聞けるということでもあるので、
やはりマイナスの要因にはなり得ません。
交際相手との年齢に開きがあると、心配をかけたくないといった感情が働いたり、
反対に頼りたいという一方的な感情が湧いたりもしがちですが、
恋人であり、更には同士という感覚があるふたりであれば、
助け合いたいという気持ちの方を強く抱くことができることでしょう。

恋愛という関係を、とても強固なものだと考える人は多いのですが、実際はとても繊細で脆いことから、
そうした関係を補ってくれる絆を持つことはとても重要であり大切なことなのです。
会社の「同期」とはまた違う連帯感はふたりの関係を深めてもくれますし、
思い遣り合う気持ちはきっと将来役に立ってもくれるので、
長く交際を続けたいと望んでいるのであれば、連帯感を深める努力をすることをお勧めします。
こうした感覚は、同い年のカップルならではのものであり、とても貴重でもあるのです。

2015.09.30