恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 同い年との恋愛 > 共感できる関係

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

共感できる関係

出会いの場で好みの異性を見つけて情報交換をしてみたところ、
同い年だったという経験を持つ人は世の中には多いことと思います。
出会いから間もないというのに話題が合うと思ったら、同年代なだけでなく、
同い年だったというケースは少なくなく、
そうした場合、年齢差のあるカップルよりも親密さが増すのは早いと言われています。

目を見て話すカップル

なぜなら、人は自分の考え方や嗜好に共感してくれる人を好む傾向にあるからです。
ですから、趣味や嗜好、話題が異なる相手よりも、そうしたものの傾向が似ている人との方が
スムーズに人間関係を作ってゆくことができますし、好ましく感じられるのです。
「似たもの夫婦」という言葉がありますが、
こちらは長く暮らしているうちに思考だけでなく嗜好までが似てくることを指していますが、
その前の段階で既に思考や嗜好が似通っているのであれば、
仲良くなるまでに時間がかからないのは当然かもしれません。

ですが、何ごとに対しても共感し合えると考え油断してはいけません。
相手に理解してもらうための努力は、互いに常にするべきですし、
そうした際には思い遣りをもって話しを聞くことや、意見を述べることも大切です。
話題や趣味、嗜好が合う相手だからこそ、その関係を損なわないための努力が大切ですし、
長く関係を続けたいと願っているのであれはなおのこと、
「分かってもらえるはずだ」「共感してもらえるはずだ」
という驕った考えを持たないことが重要なのです。

共感できる関係、理解し合える関係というのは、そうした努力の上に成り立つものであり、
それを怠れば、たとえ話題が合う、話が合う相手であろうとも、
関係はたやすく崩壊してしまうのだということを覚えておいてください。
同い年であるからこそ相手をより深く理解できる素地があり、けれど、
それがあるから関係は盤石だと過信しないことが恋愛関係を損なわないためには大切なのです。
より親密な関係を望むのであれば、是非それらを心に留めておいてください。

2015.10.01/p>