恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> デートの誘い方 > レトロスタイルで誘う

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

レトロスタイルで誘う

あなたは、デートに誘う時、どんな方法を用いているでしょうか。
現代は、通信手段に恵まれていて、多くの人たちがそうした方法を複数持っています。
SNSやメッセージアプリケーションなどは手軽なことから、
出会いの場で直ぐにIDを交換したと言う人もいるのではないでしょうか。
出会いから間もない時期は、互いについての情報をできるだけ多く集めたいと考える人が多く、
そのためにもこれらの方法はとても便利に感じていることでしょう。

手紙と懐中時計

ですが、恋愛、特に交際を始めたての頃に大切なのは「手軽さ」ではなく
「ロマンティック」であることです。
ですから、時間構わずところ構わず簡単に連絡が取れて、
直ぐに予定を決められてしまうような方法ではなく、
あえてレトロな手段で連絡を取ってみることをお勧めします。
この際に重要なのは、「余裕をみる」ということです。デジタルのように、
即返事を要求するのではなく、期限を区切り相手に「ゆとり」を感じさせることが大切なのです。
なぜなら、そうしたゆとりは思い遣りと解釈されることが多いからです。

文字が上手かどうかはさて置き、丁寧につづった誘い文句を、
帰り際にさり気なく渡すのもおしゃれなのではないでしょうか。
紙の質感や封筒のワンポイントなど、相手をイメージしたものを選ぶところから始め、
そんな気持ちで選んだことをデートの際の話題にするのもひとつの手でしょう。
相手は、きっとあなたからの愛情を感じてくれるはずです。

また、文字をつづる筆記具にも気を払うことがお勧めです。鉛筆などは論外ですが、
ボールペンや、書くことが苦手だという理由でプリントしてしまうと、
事務的な印象を与えてしまうのであまり効果は望めません。

柔らかな印象をもたらす、万年筆や水彩ボールペンなどを使用すると、
より一層レトロ感が増し、更にはあなたの印象をも和らげてくれるので、
ぜひ筆記具にもこだわってみてください。意外性は、関係を深めるためにもとても有効な手段なのです。

2015.10.07