恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 絆を深める喧嘩 > より良い関係のため

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

より良い関係のため

あなたは、出会いの場で交際相手を見つけることができたら、
どんなことをしてみたいと考えているでしょうか。
デートや旅行など、きっと楽しい計画ばかりを思い浮かべているのではないでしょうか。
出会いから間もない時期は、互いについての情報をできるだけ多く集めることが
関係性を深めるためには重要なことから、デートの機会を多く持ちたい、
交流の場を作りたいと考える人は多いことでしょう。

バラを差し出す

そうしてひと通りの情報を提供し合い、趣味や嗜好、
物事の考え方などに詳しくなったあとに大切なのは、互いの短所の改善です。
交際を始めた当初は、「おや」と思うようなところがあったとしても、
互いにそれを指摘することはほとんどといっていいほどないことでしょう。
なぜなら、それを指摘したなら、相手に嫌われてしまう、
ケンカになってしまうのではないかと危惧してしまうからです。

ですが、相手のためを思うなら、そしてこの先も長く関係を続けてゆきたいのであれば、
互いの短所の改善は避けて通れないことなのです。
人は、図星を突かれると怒る傾向にあることから、短所を指摘し、
それがどうして短所なのかを説明した場合、怒りだしてケンカになってしまうこともあるでしょう。
ですが、それは「必要なケンカ」なのです。

自分の趣味や嗜好をバカにされたことに対する怒りやケンカであれば、
それは相手が謝ることでしか解決をみませんが、こうした短所を改善するために起きたケンカは、
それを持ちかけた方が謝るのではなく、どちらもがその内容について理解し、
納得することが大切であり、ケンカは「経過」に過ぎないのです。
納得し、改善することができた場合は、「ごめんなさい」ではなく、
「ありがとう」という言葉が相手から返ってくることでしょう。

こうしたケンカは、より良い関係を築くためのものであり、絆を深めるためのものでもあるので、
指摘した側は短気を起こさずしっかり説明を続けることが大切なのだということを覚えておいてください。

2015.12.16