恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 絆を深める喧嘩 > 指摘し合える関係

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

指摘し合える関係

人は、「欠点」を指摘されると、どうしても腹を立てずにはいられないようです。
それは、自分なりに日々努力をしていて、
そうしたことへの改善にも取り組んでいるという自負があるからかもしれませんし、
それが「欠点」であることを理解していながら、見て見ぬふりをしてきた経緯があるからかもしれません。
とにかく、人というものは図星を突かれると怒りだす傾向にあるようです。

花を貰って喜ぶ

ですから、出会いから間もない時期には、
そうした相手の「欠点」に気づいてもあえて指摘はしないという人が多いことでしょう。
それは、せっかくの出会いをふいにしてしまいたくないからであり、
指摘するにはまだ関係がしっかりと築けていないからと考えている人もいることでしょう。
その判断は、とても正しいということができます。

そうしたことを伝え合うためには、「予備期間」が必要です。
「欠点」を指摘されるということは、ある意味とてもショックなことですから、
指摘される側に耐性をつけてもらうことが大切になってきます。
服装の乱れや、食事の摂り方など、ちょっとした「注意」として受け取れる、指摘された側が、
それを指摘した側からの好意として受け止められるような事柄をいくつかあげてゆき、
指摘されることに対するショックを和らげたうえで本命である「欠点」について話すことが重要なのです。

予備期間を設けても、そうした指摘は人が最も嫌う事柄のひとつであることから、
怒りだしたりケンカになってしまったりすることは避けられないかもしれません。
その場合には、これは絆を深めるためには重要であること、
また、自分にもそうした欠点があるのであれば教えて欲しいことなどを丁寧に説明し、
互いにとってプラスになる事柄だということを理解してもらえるよう努めることが大切です。

ケンカなどしないに越したことはありませんが、ケンカをしてでも改善すべきことはあり、
そうした指摘をし合える関係になれることこそが恋愛の醍醐味なのではないでしょうか。

2015.12.18