恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 絆を深める喧嘩 > 大切だからこそ

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

大切だからこそ

世の中には、「ケンカするほど仲が良い」という言葉があります。
互いに言いたいことを言い合える、それでケンカになったとしても、
互いがスッキリできた時点で仲直りをすることができる、そんな関係を指す言葉のようですが、
これはある意味理想的なカップル像ということができるのではないでしょうか。

考える人

出会いから間もない時期は特に、相手に嫌われたくない、より好かれたいという気持ちが強いことから、
多少癇に障ることを言われても、我慢してしまったという人はことのほか多いのではないでしょうか。
出会いから間もなくはまだ関係が繊細で、なにかのきっかけで簡単に破たんしてしまいかねないことから、自
分の感情を抑えて過ごすという人も少なくないことでしょう。
それは正しい判断ではありますが、ずっとそのままではストレスが溜まり、
別な意味で破たんしてしまいかねないので注意が必要です。

ですから絆が深まるにつれ、「言いたいことを言い合える関係」へと少しずつ変えてゆく必要があります。
それはあなたのためだけでなく、相手のためでもあります。
人は、欠点を指摘されることをとても嫌います。
特に、欠点があることを自覚している人ほど、それ反応は顕著になります。
ですから、改善して欲しい点や欠点を指摘した場合、ケンカになってしまうこともあるでしょう。
感情的になり、辛辣な言葉を投げつけてしまうこともあるかもしれません。

ですが、その根底には、「長く交際を続けてゆきたい」
「大切にしたい関係だからこそ」という気持ちがあるのだということを忘れてはいけません。
指摘する時には、そうした気持ちであることを伝えることも大切ですし、
相手から指摘された場合には、それを思い出すことが大切です。

そうして、いずれ「ケンカするほど仲が良い」と言われるほどに、
気軽に言いたいことを言い合える関係になれたなら、それは素晴らしいことなのではないでしょうか。
恋人が、辛いと感じることを言ってくる時、そこには必ず愛情が潜んでいるものなのです。

2015.12.22