恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 新婚の楽しさ > ふたりで決める

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

ふたりで決める

紹介などで出会い、交際を始めた当初は、
互いに譲り合うことで関係を深めてきたというカップルが多いのではないでしょうか。
出会いから間もない時期は、相手に嫌われたくない、より好きになってもらいたいという気持ちが強く
働く時期であることから、相手の希望や要望を受け入れてしまう傾向にあるからです。
それは決して悪いことではありません。多くのカップルが、
そうして関係や絆を深めてきたことは事実ですし、それが仲良くなるための近道でもあるからです。

料理をする女性

ですが、関係が進んできて「結婚」する頃には、互いに対する理解も進み、
ある程度、言いたいことを言い合える関係へと進んでいることでしょう。
新婚時代は、この「言いたいことを言い合える関係」ということがとても重要になってきます。
結婚をした場合、交際時代とは別の「ふたりのためのルール」を新たに作らなければならないからです。

家事の分担や、共働きの場合は生活費の出資割合、貯蓄の方法や保険についても話し合うべきですし、
他にもさまざまな事柄を決めてゆかなければなりません。
そうした時に大切なのは、考えていることをきちんと相手に伝えることができるということなのです。
それが新婚にして躓かないために大切なことであり、スムーズにスタートするためのコツでもあるのです。

ですから、新婚生活を快適にスタートさせることができるかどうかは、
交際期間中に言いたいことを言い合える関係まで進むことができたかどうかに
かかっているといっても過言ではないでしょう。
どちらかの言い分で決めるのではなく、ふたりで話し合って、ふたりが納得する方法を見つける。
これが新婚の楽しさであり、新たなルール作りにとって大切なことでもあるのです。
新居の家具をふたりで楽しみながら選んだように、「ふたりのためのルール」も互いに意見を出し合い、
あれこれと検討しながら決めてゆくことがお勧めですし、
それができてこそ、楽しい新婚生活が始まるのです。

2015.12.28