恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 新婚の楽しさ > 加点方式にする

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

加点方式にする

交際当初を思い出すと、ふたりの関係は「加点方式」だった
ということを実感できるのではないでしょうか。
「加点方式」とは文字通り、自分の中に相手に対する理想像を作らず、
相手の良い点を見つけるごとに加点していく方法です。
もうひとつ、自分の理想像を100点として、
それとの違いを減点してゆく「減点方式」という方法もありますが、
こちらは幸せになるための方法からは程遠い、いわば「粗さがし」にも等しい行為なので、
出会いの場においてだけでなく、生活のどんな場面においても使用しない方がいいでしょう。

写真

「減点方式」が、互いの関係にプラスに働くことはないと無意識のうちに理解しているからこそ、
人は、出会いの場において「加点方式」を選ぶのです。
これは、交際期間中だけでなく、新婚時代にも効力を発揮してくれます。
恋愛だけでなく、結婚生活もまた、相手をどれだけ好きだと思うことができるか、
労わりや思い遣りの気持ちを持ち続けられるかにかかっているので、
いわゆる「良いところ探し」をして加点していく方法はとても有効だということができるのです。

これこそが、新婚生活を楽しく過ごすために必要なものであり、
その後の生活で起こるだろうさまざまな障害を乗り越える余力をつけるために必要なものでもあるのです。
新婚時代を「楽しい」と思いながら過ごすことができれば、
その後、多少の障害が現れても、それを乗り切ろうという意思や力を持つことができます。
ですから、交際当初から、「加点方式」を身につけておくことが望ましく、
それを上手に行うことができていたカップルほど、
新婚生活を楽しむことも、その先の生活を楽しむこともできるということなのです。

好きな人の粗を探すよりも、好ましいと思える部分を探す方が建設的ですし、
そうして関係を深めてきたことを思えば、
それこそが最善の方法だということが理解できるのではないでしょうか。
ですから、常にこの方式を心において暮らすことが大切であり、お勧めでもあるのです。

2015.12.30